スポーツ(ってそんなサワヤカじゃないし)

2017年6月19日 (月)

野球とか客をカタい椅子にぎゅうぎゅうに座らせて3時間?で凡戦?マジか。

2016

金を払うエンタテイメントに聖域はない。サッカーとか野球とか相撲とかコンサートとか3時間以上「この俺」を拘束しといて数千円へたすっと万とるなんてありえない。何さまと思う。え?オマエが何さまだって?w いや、まったく思わんよ。なぜならサービス精神のカケラもないし(いまだに)
05-14 17:48

カンタンにいってしまえばコスパ悪い。あ、それもあるんだが自由度が低すぎなんだよ。「この俺様」を固くて座り心地の悪い椅子に縛り付けるつもりか?スポーツだったら凡戦見せつけて? ライブだったらオールスタンディング?くつろげない?ふざけんなっての。
05-14 17:50

とにかく「くつろぐ」に金払うんだよこっちは。強制すんな。誰にもどこにも強制されたくないの。金もらえんならええ、2時間直立不動で立っててもいいっすよwほぼほぼすべてのエンタテイメントは「コスパ悪い」ってのを、奴らは自覚してるんだろうか?ただのマスターベーションでつくってるだけだろ
05-14 17:52

 

2017年6月17日 (土)

高校野球に神聖さなんてあるかーい

http://ameblo.jp/stevengerrardjp/entry-12159681060.html
えっとこないだの甲子園の野球で、ガイジン部隊の高校がちょっと話題になってたんですよ。

あの、往年の高校野球ファンにはなじみのある「カジシャタクミ」さんが監督やってるとこ。

まずオイラはカジシャさんが監督やってるという事実に驚いたんだが。。それはまあおいといて。

地方の強豪校がガイジン部隊だっていうのは忘れた頃にやり玉にあがるよね。

でもさ、これってたまたま県境を超えるだけでさ。。

たとえば、そのへんの町でサッカー超うまいヤツは、市の境を軽々と越えて都会のクラブチームに通ったりさ。
水泳超はやいヤツは都会のスイミングクラブに通ったり。

つまり、県の境は田舎ではあんまり超えないかもしれんけど市町村の境はゆうゆう超えていくでしょ、と。それが県になると、そして野球になるとなぜバッシングされんだろうね?ということ。

才能のあるヤツはすばらしい指導者、環境をもとめて、どこまでも行く、なんてのはあたりまえのことじゃん。

レベルが違うのになると若年層から海外にいっちゃうじゃん。錦織クンとかさ。
あ、そうそう、錦織クンを揶揄するバカもいたっけな。日本人熱狂して応援してっけどあの子、日本に住んでないじゃん!みたいな批判の仕方。

とことんバカだよね。だから何なのっていう。

まあそれも、いいや。

でさ、指導者が異動になったり引っ越したりしたら選手もごそっと引っ越すんじゃね? それが結果的に越境になることはあるよな。

でさらに、選手の親御さんってけっこうシビアでさ、その指導者が「ぜひウチにこないか」と異動の際に誘ったとしてもさ、その時点でその指導者に満足してなかったらついていかせないでしょ。いい機会だとばかりに、より良い指導者を求めて「くらがえ」しちゃったりなんかして。

つまり、強制性はそんなにないんじゃないのってこと。ここは俺の推測だけどね。

長くなりそうだからこのへんでやめるけど、いまだに甲子園大会をさ、純粋な県代表対県代表の戦いであると思ってるバカがいるんだとしたらもういいかげんにしろよって。野球ほど利権がうごめいてるスポーツないんだぜ。アマチュア野球だっておんなじ。
なにを夢みてんのよ、といいたいわけ。俺は。ファンのほうへ。

2017年2月 4日 (土)

ラグビーって観にいったって寒いじゃん。

2015

ラグビーって観にいったって寒いじゃん。底冷えして風邪ひくし。そういうアタリマエのところからなぜ議論しないの。寒い?何甘ったれたこといってんだよ、こいよテメーら!っていう屈強なるラガーマン、人生の勝ち組と思い込んでるヒトたちの心の声が聞こえるわな。

12-26 09:23

2017年1月 1日 (日)

スポーツがそんなに好きじゃない理由をまた書く

http://blog.goo.ne.jp/strikegold/e/8a153058fa9c7fd86baf0e4c264c7c37

あのね。。

オレがスポーツをそんなに好きじゃない理由を、また書く。

たとえば元プロのアスリートとかねえ。。
彼らの態度の悪さ、デカさはハンパないよ。

現役中は、ネコかぶってんのよ。だってさ、いろいろあるし。スポーツマン気取ってなきゃいけないから。
子供に夢を与えないとな!

その話をする前に。

あのね、男子限定だけれども、小さい頃からガタイがよくてさらに運動もできちゃったりした日にゃ、もうオラオラだったでしょ。
モテるし。。
小せえ頃は絶対に勉強よりスポーツのほうに重きをおかれてるから。
ガタイがよくて運動ができれば、アタマがバカでもぜんぜんオッケー!まわりもちやほやするしね。

でさ、中高にあがってもその優位性ってけっこう(世間が思ってるより)続くんだよね。
不良になっちゃうか、なっちゃわないかの違いはあるけど。
とにかく、モテつづけるわけ。

ガタイがいいってのは(デブじゃないよ)とにかく、結婚するまではずっとモテ続けますよ。
そこに、スポーツマンの匂いでも不良の匂いでもどっちでもいいのよ。どちらかをまぶしておけば。。

どちらかでいいってのが、ズルいよなあ。

顔のよしあしはほとんど関係ない。差別化されるのは、リーダシップだね。
キャプテンとかやっちゃった日にゃもう、人生の全盛期じゃないの。

だってさ、もしバカだったらオトナになって二度と全盛期なんてこないんだから。。
そこが哀れっちゃ哀れなんだけどね。

だからオレはビジネス・シーンにおいてガタイがよくてけっこうスポーツやってましたってヤツは、最初は警戒する。
だってそういうヤツってね、そもそも「野蛮」「獰猛」の要素が残ってるわけよ。周りもそれを許してきたんだよね。
だから、かなり重要になってくんのは親の躾。躾がいいと、たとえていえば、サッカーの長谷部選手みたいな存在ができあがる。

あ、そんでね、元プロアスリートなんてさ、もうずーーっとスポットライト浴びつつもものすごいキビしい練習積んできて、
とにかく、ゆがんでるの!暴発寸前なわけ、現役時代は。

それがまんまと暴発するんだよ、引退後に。

まずね、性根がイヤらしくなるわけ。だって引退したらただの人、のはずなのに、「ただの人にあるぐらいなら死んだほうがマシ」ぐらいに思ってるヤツばっかだから。
でね、現役時代ちやほやされてんのが突如されなくなるから。。ガキの頃からプライドをくすぐられて生きてきたヤツらは、そんなの許せないのよ。

だから、けっこう芸能の世界に身を移すんだよね。きゃーきゃーいわれるのが仕事の世界だから、親和性はあるわけだ。

2016年6月26日 (日)

まだまだ書くよー オレ体育会系大っ嫌い。

http://tatsuzawatokyo.blog.fc2.com/blog-entry-1640.html

・恐怖政治
・暴力が容認されている
・超・年功序列

体育会系の特徴であるこの3つを並べられて、で、何がいいわけ? って思わないの?
オレは思うぜ。「これのどこがいいの?」ってな。
オレはきわめて、ノーマルな考え方を持ってるからな。

体育会系のヤツらって「くだらない」上下関係重視するじゃない。
いやあのね、くだらなくない上下関係だってあるじゃない。でも体育会系のヤツらが特に重視するのはくだらないほうなのね。

でさ、日本の企業風土ってイヤんなるぐらいそういうのが残ってっからさ、だからスタティックなままなんだよ。世界に伍していけないわけ。体育会系の残滓がすべての悪の元凶だ!!と断定したいぐらいだ。 

2016年4月23日 (土)

地域のスポ小のコーチのおっさんに違和感

http://tatsuzawatokyo.blog.fc2.com/blog-entry-1459.html
何度か書いているとおり、オレは「地域のスポ小のコーチのおっさん」的な人達にたいしてものすごく懐疑的なのね。

慢性的な人手不足だから、たとえばサッカーのコーチなのにサッカー未経験でもコーチになったりするわけ。しかもさ、なんつーの、態度でかいのよ。やってやってんだ、みたいなね。

そんな人間の教えられる子供って不幸じゃね?
と、オレは思うんだな。

でさ、そういうオッサンたちの格好がね、また。。ルーズで。
で怒鳴るんだよね。恐いんだわけっこう。

恐いのは、もしかしたら悪くないのかもしれないんだけど、あれさ、ただの自分のストレス発散でしょ。

いちばん問題だと思うのはね、そういうコーチ自身が楽しそうじゃないの。すごく不機嫌そうなのよ。
やっぱり子供は不幸だよねえ。

2016年4月 3日 (日)

スポーツの闇(なんて昔から書いてるってば)

http://tatsuzawatokyo.blog.fc2.com/blog-entry-1448.html
http://ameblo.jp/stevengerrardjp/entry-11667247896.html
MXの、オリンピック招致をふりかえる、みたいな番組をみていて。。

確か為末大選手がいってたんだけど、スポーツはアソビである、アソビであるべきだ、ってね。

諸手を上げて賛成なんだよね。
とにかくオリンピック、ひいてはスポーツは「苦労」そして「鍛錬」のイメージがついてまわる、と。

それこそ、そういうイメージが定着した元凶は東京オリンピックのような気がするがw

苦労、鍛錬で死ぬほど練習させても、東京オリンピック以降メダル数は低迷してたんだよね。なんでずーーーーっとそれに見て見ぬふりをして、舵を切らなかったんだろうな。

スポーツこそ「ゆとり教育」が必要なんだろうな。

たぶん一度書いてるはずなんだけど、ふたつ言いたいことがあってね。

その「苦労」と「鍛錬」のせいで、たとえば半身不随とかさ。
それは極端にしても、一生ひきずる疾患、痛みを残してる人って、オレたち庶民が思ってるより、多いんだぜ。

だって、ちょっと痛いぐらいだったら表面化しないじゃん。言わないし。

間違った鍛え方をするスポーツの「罪」って、ホントデカいんだよ。スパルタのコーチのもとで猛練習して、一生ひきずるような大ケガをしました、と。それでコーチが責任を問われることは、ほぼない。

だって傷害容疑で逮捕されないじゃん。練習中に勝手にケガした、ってことになって。

それがおかしいってんだよ。それに、コーチってのは日ごろのストレス発散で子供にあたってんだから。コーチの人格が、ダメダメなんだよ。人間としての器も小さい。アスリートとしての経験もハンパ。
なあにがスポーツマンだっての。大学ラグビー部に入れば集団でレイプ、だろ?

あ、それともうひとつね。オレは10年前ぐらい前に、街のテニススクールに通ってて、それはとても楽しかった。
うまくなってゆく実感があったから。
で、自然な流れとして、初中級が集まる試合に出れば、といわれ、日曜にちっちゃい大会に出る。

それがね、ホント、イヤだった。
なぜかというと、負けるから(笑)。いや、それだけじゃなくてね。

まずセルフジャッジであること。つまり、ズルするんだわ。器がちいせえヤツらの集まりだから。
それと、相手がミスると「っしゃあ!」と相手を睨みつけてガッツポーズする。
オレ、そういうことしなかったけど(いつも淡々と)、いっかいロコツにそれやられたらムカっときて「なんだオマエ」とかいって試合を中断させたことがあった。
でも当然その試合は負けた。。今思えばそれが引き金だったか?

あとね、勝負にこだわりすぎること。具体的には、何度も書いてるけど、オバちゃんのタブルスでロビングしかやらねえバカがいるんだよ!!

ぜーんぶ、「ぽーん」って上にあげるのね。で、ひたすら相手のミスを待つ。

そういうテニスって大キライだったし、そういう考え方をする人間が大キライ。

だから、練習だけしていたかったのよ。別にそれでいーじゃん、なんでそれを認めてくれんのか、ってずっと思ってたわけ。試合はいいです、という人間を否定する空気が、確かにあったんだよ。やっぱ試合に出てなんぼっていうかそれがスポーツってもんでしょ、みたいな?

いやあのね、練習の中でミニゲームとかはやってんのよ。それは、いいの。楽しくて。エゴがむき出しになる大会がイヤなんだよ。つまらん愚民のつまらんエゴを目の当たりにするから。

まとめると、楽しくスポーツをして自己満してるヤツに、「苦労」と「鍛錬」をさりげなく持ち込もうとするクズどもがいる!ということ。それが「エセスポーツマン」。そういう「くずれ」どもには要注意。

2016年3月13日 (日)

熱狂的ファンって

http://tatsuzawatokyo.blog.fc2.com/blog-entry-1381.html
プロ野球ファンとかJリーグサポーターとかさ、とあるチームを応援してる人って、オレの個人的見解では意味わかんないのね。

だってさ、結果に一喜一憂「させられてる」んでしょ。

いわゆる「頭痛のタネ」をね、自分でひろってきてるわけ。

いやオレはね、ただ日々を平穏無事に過ごしたいだけなのよ。頭痛のタネなんて絶対に自らは拾わないからね。

でさ、彼らって絶対、純粋応援してないからね。オレだったら、もしとあるチームを応援するのであれば「絶対贔屓」するけどね。それが応援だって思うから。

「がんばれー」のみってこと。負けても文句は言わない。
当然のことだがフロントの文句なぞ言わない。

なんで文句つけんのかねサポーターとかって。エラそうに。
応援してんのかと思いきや9割は文句いってるという。
フロントに対してとかも文句いってるよね。。

そういう権利がある!とか鼻息荒いのかもしれないけど、その大衆団交の姿勢が昭和だなあって思ってしまう。

あ、あとは、文句をつけるのはチームへの愛があるからこそ、とか言い出すんだろうなあ。ますますオレにとっては意味不明。
なぜ「チーム」という存在を愛することができるのか?といったあたりからの溝なんだよ。

あ、そうそう、端的にいえばオレは対象がスポーツであれなんであれ、文句つけてばかりの人生はイヤなのよ。そんな人生で終わりたくないわけよ。

2015年6月29日 (月)

Let's play BOWLING.(ボウリング)

http://ameblo.jp/stevengerrardjp/entry-11857899670.html
ボウリング好きでさ。。心から、うまくなりたいと思ってるんだけどいろいろ不満が。。

男子選手がみんなダッセー、デブだったりハラ出てたり、スポーツエリートがまったくボウリングにやってこない、っていうのはまだ愛嬌だけど(女子に綺麗だったり可愛い子が多いから許す!)

まず、リスタイに対する論争が酷すぎる。なんでコイツら簡単に他人批判できんだろ。

ま、知らない人に対して説明するけど、利き腕にプロテクター的なものをつけて好成績をあげている人間に対する、素手で投げてるヤツらの嫉妬が醜すぎんのよ。

いーじゃん、ルール違反じゃねえんだからよ!!それで以上おわりのはずなのに。。
論争が終わらない。

つまり、粘着なヤツが多いってこと。ボウリングやるヤツらって。

そんなバカどもにはゼッタイ染まりたくない。

あとさ、競技人口すくねえから最初から卑屈で。。もっと普及してほしいと口ではいいながら、酔っ払って大騒ぎして楽しんでる若いヤツらに直接文句言えず、ネットとかで書き込みするのみ。「店員何やってんだ、注意しろ!」って。

でもなあ注意したら客こねえだろ二度と。ただでさえ競技人口すくねえのに。

マナーマナーうるせえんだよね。いや、その主張はごもっともなんだよ。つまりね、「教条主義的」なの。オレの大キライな。

ボウラーはこうあるべき、っていうバリアが競技人口を横ばいにさせてるってことに気付いてない。

2015年4月 5日 (日)

ぐっとこらえる。の後

http://ameblo.jp/stevengerrardjp/entry-11390516467.html
何かに書いたかもしれないけど「グチは公害」だと思ってるから。

今までの人生、どんだけ「グチ」という公害を撒き散らされてきたことか。。
根にもってるよ。オレは。

オレはテメエらの肥溜めじゃねえぞ、ってな。

オレは、ゼッタイそういう、仕事のできねえサラリーマンみたいになりたくなかったから、カンゼンにそれを反面教師として、とにかく、「ぐっとこらえる」ようにしてきた。

でもさ、「それじゃあオレがかわいそう」って思うヤツが多いみたいなのね。周りはみんなクソ安い居酒屋で互いにグチをこぼして慰めあってる、と。オレだけぐっとこらえてたら損じゃん! と思うらしい。

それは、ちょっとはわかる。わかるんだけどね。
「バカじゃねえの?」と、思わざるをえないというか。

そういう大人が多いから、いじめられたらいじめ返「さなければいけない」と思うガキばっかりなんだろうし。

体育会系では、先輩にやられたシゴキはゼッタイ後輩に同じ事をし「なければならない」と思うスポーツバカもいまだに多いし。
だからオレは自分のコドモには体育会系になってほしくない。ヤツら未だに野蛮だからね。大学ラグビーの体育会系では未だにカラオケボックスに女連れ込んでレイプしてるし。
レイプ「まがい」じゃないんだよ。実際強姦してんだから。

あーやだやだ、スポーツバカって。
ラグビーなんてどこが紳士のスポーツなんだよ。繁華街歩いていれば、アルコール入ってればただの人間凶器だって。


「ぐっとこらえる」ことができる大人が、少なすぎ!!

つーかね、ぐっとこらえることを無意識でやらにゃ、あかんよ。いつも意識してぐっとこらえてたらストレスたまりすぎてたまらん。いずれ自殺してしまう。

自分が悲劇のヒーローみたいな感じで「オレは、ぐっとこらえてやるぜ!」なんて鼻息荒いのはダメだよね。
無意識でやれるようにしないと。

あとは。。自分の「美意識」を持ってない大人が多すぎなんだよなあ。カネに異常にケチなヤツとか。

ツイート

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ