« 中学の頃田舎の美容院にナメられた話。 | トップページ | 地鶏ぃ »

2016年5月16日 (月)

根にもってる話連続!

この話もどっかで書いてるかもしれんけど。。何せ根にもってっからね。

 

子どもにはゼッタイにピアノ、鍵盤系は習わすまいと思っていて、実行してんだけど、

俺が習ってたのね。

 

でさ、年に1、2回発表があるわけさ。市のなんとかセンター小ホール、みたいなとこで。

でね、とある年に、小4か小5だったかなあ、アナタは連弾やりなさい、と言われたわけ。

相手は、別なピアノ教室に通ってる同い年の男の子。

 

で、練習するわね。先生が相手役でさ。

 

1週間前に、相手の子とあわせてみましょう、ということになったんだけど、相手の都合で、相手の子がこなかったわけさ。

なんかオトナの事情?かしらんけど。

 

ピアノの先生は、しょうがない!でも先生が相手してあげるから、大丈夫!とかいってんだけどさ。。

大丈夫じゃねっつのこっちは!!

こっちは小学生だよ? かなり大事な、発表会当日に、相手の子と初対面で連弾やれ、と?

「あうんの呼吸」みたいのがあるべ?(そのころそんな言葉知らなかったけど)

 

でさ、当日。やったよ、ぶっつけで。結果はボロッボロ。相手もボロッボロ。

でも、先生も親も、相手の親も過剰にほめてたっけ。一回目にしては上手!(ざけんじゃねーよてめーらって感じ)、よく頑張った(なんでピアノなのに体育会系なんだよコ゛ルァ)、ってな。

 

俺は、あとから考えるとこの出来事でね、相当「自尊心」のようなものを、傷つけられたんだわ。

だから、一生忘れない。

 

だってさ、相手の子と合わせる日に、相手がこれなかったのであれば、残り1週間あるんだから、どっかで日程調整できたはずだろ? おれはそれをピアノの先生と親に、頼んだよ。でも、「先生が相手するから大丈夫」ってオマエ。。それこそがオトナの事情だろがよ!!

 

いやね、これだけじゃないのよ。俺がピアノ教室というものに対して感じていた違和感って。

積もり積もったものがあってこれはひとつのできごとにすぎない。

 

 

その後、数十年たたないとわからんかったのよ、オレがガキの頃の親たち、親世代が「けっこうテキトー」だったということは。。

今まさにオレらの世代があの世代、よりも上になってきたわけなんだが、俺ら、かなりまともです。あの時代のアイツらに比べたら。

****

« 中学の頃田舎の美容院にナメられた話。 | トップページ | 地鶏ぃ »

私事」カテゴリの記事

ツイート

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ