« 年寄り、、 | トップページ | リーマンに対するぬぐいきれない違和感。。 »

2016年1月24日 (日)

時短の対象はパパなんだって!

これも何回も書いている話だが何回でも書かねばなるまい。。

 

時短の対象はパパなんだって!

 

育児中のパパこそ無理にでも、上司が、定時退社させなきゃいかんの!

 

なーにが働き盛りだよ、それが洗脳だっていうんだよ。もっとも働ける体力がある時期であればイコールバリバリ育児もできるってことだろうが。なんでそんな黄金時代に会社に殉じなきゃいかんのよ。そうやって生きる屍となることを嬉々として選んできたリーマンが累々と定年して、腑抜けのボケ老人一歩手前で現存している。

 

 

まあそれはいいんだが、パパの時短ウェーブは2回くるんだよ! 日本社会はなぜそれに気づいてやらないのか。。

 

子供が小学校上がったらすぱっと(精神的に)仕事に復帰すりゃいい。次は、子供が中二になってからの3年間なんだよ!

パパの本当に出番って、そこなの! そこで、パパは、家のこと、反抗期の子供を奥さんに任せっぱなしにしてはいけないの!

 

子供自身が、一番キツい時期なんだよ。その時期こそ、一緒に夕飯囲もうよって。、パパが奥さんの夕飯つくるの手伝おうよ。で、それを反抗期の子供にみせつけてやれよ。

 

 

複数人子供が生まれたら連綿と時短だよ。それが何が悪い? 子供を増やすのは日本の準・国策だぜ? モラルハザード寸前の、世界的にみたらちっぽけな、日本の会社に洗脳されて殉じるのがオレたちの仕事じゃねーべ? オレたちは子供(国の宝)を立派に育てなきゃいけないんじゃねえの? なんでそれなのに仕事に逃げて奥さんに任せる?おかしくね?

 

3人子供が生まれたら都合10年ぐらいだよな?最後の子供が小学校上がるまで。そこまでずーっと子供の面倒みてろよ!それがこの国のため。別に面と向かっていわなくていいけど、仕事なんてくそくらえだよ。

 

でまた、最初の子供が反抗期に入ってから数年時短。

 

まあ、いいよ。「それは理想だよ」とかハスに構えて正論かますヤツしかこの国にはいないっていうのは、よーく知ってる。どーせこの国は変わらんよ。ざまあみろ。

 

でも時間に余裕のあるオレたちフリーランスは、そんなクズどもにかまってられない。自分から変わっていくぜ、ざまあみろ! って感じなのよ。

 

オレたちは企業組織に洗脳されてないから。

 

 

あのーね、そもそも論として、人生においてホンキで仕事に集中するのは期間限定でいいんだよ。社会に出てから死ぬまで、トップスピードで働き続けるなんてできねーの。

 

だから、いちばん働く、働ける時期を自分で選べるのが一番幸せな人生だね。当然、トップスピード、抜群の生産性で仕事できる時期に仕事バリバリやってしまう(一生分)に越したことはないよ。

 

不労所得で暮らす、なぞもっとも不幸な生き方のひとつだよ。もっとも不幸な生き方は、不労所得で生きたいなあと願いながら結局それがかなわず文句言いながら働いてるバカ。

 

まあそんなヤツはほっといてもいいんだが、特にオレのよおく知ってるいわゆるIT業界の中堅どこってさ、この忙しさが一生続いちゃうわけ? っていうものすごく根源的に近い不安を抱えてるわけ。そんなんでいいの?オレの人生、って。

 

だから、辞めちゃうんだよ、会社を。IT業界の会社たちは優秀な人材つなぎとめておきたいんだったら、ヒマな時期、ヒマな案件を用意してやるっきゃねえんだよ。

 

いやね、有能なヤツは転職してもどうせ多忙な案件にほおりこまれるんだけど、それはそれでいいのよ。大事なのは、このまま今の会社にいて大丈夫なのか?っていう不安を、行動によって払拭することにあるんだから。行動するヒトはいつかは報われる。


« 年寄り、、 | トップページ | リーマンに対するぬぐいきれない違和感。。 »

子育て、教育論(「ゆとり」永久追放)」カテゴリの記事

ツイート

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ