« ばかのかべ。 | トップページ | 若い人って徴兵ってどう考えてんの »

2015年5月12日 (火)

医者ってインフルエンザわかってんのか?

http://ameblo.jp/stevengerrardjp/entry-11807838154.html
インフルエンザと風邪の違いについて、すげえ疑問をもっている。

確か数年前に、関西で大規模にインフルエンザが流行してさ。。
取引先で、関西出張が禁じられたり。

関西から帰ってきたってだけで白い目でみられたり。

あの頃、インフルエンザにかかるとまるで罪人?癩病患者みたいな扱いを受けたり。。

インフルエンザで苦しんでいる人が被害者なのに、始末書書かされるぐらいの勢いだった。

たぶん、1年だけだったけど、そういうことは確かにあった。東京では。
その事実は記録されなければなるまい。

あー、日本人の本性ってかわんねーなー、って、呆れた。ホンキで。
ので、いろんなところで書き散らしているとは思う。

だから違和感はあのときに発生している。
パンデミックという言葉が流行りだして、流行らせてるテメーがパンデミックだろうが!みたいなね。


なんか庶民が振り回されすぎじゃねえか?と。
インフルエンザの予防接種しても、その年に流行るタイプのインフルエンザには効かない、とかさ。バカみたいだと思わね?

それのおかげでウハウハになってる悪いヤツらがいるんだよ。


たとえば。。インフルエンザ流行の季節じゃなくとも、オレらは風邪をひくわな。
たとえば夏風邪とか。

でさ、夏風邪ってうつるでしょ。

あのさあ、他人にうつす風邪って総称してインフルエンザって呼ぶんじゃねえの?

夏にもインフルエンザ猛威ふるってんじゃねえの?実は。

そういう季節になってきたから、と注意を始めるのは、おかしいんだって。

だいたいさあ、子供がいる家庭だったら最初は子供が学校からもらってくるんだから元凶は学校じゃねえの?(極端にいえば、よ)

つまり注意しても無駄ってこと。

職場でもさ、インフルエンザかどうか、とまずきかれて、インフルではなかった、という結果だとじゃあ働けよ、みたいな感じじゃん。

あ、書いててわかってきた。

またオレらは「ブランド」に振り回されてんだよ。「インフルエンザ」というね。
ウイルス性じゃない、従来の意味での風邪と、医者が太鼓判を押すホンモノのインフルエンザと、医者が陰性と判断するが、他人に伝染る性質の風邪と、3種類あって。

オレがいちばん問題にしたいのは3番めに書いたヤツだ。

「インフルエンザ」というブランドに認定してほしいがために日本人は狂喜乱舞している。で、認定されないとがっくりするわけだな。そこがおかしいっての。

二歩ゆずってがっくりはしないにしても、「インフルじゃなかったのか。よかったな、じゃあ安心だな」っていうのが間違ってる。こういうふうに考えるバカが多過ぎるってことだな。

具体的にいうと細菌性の風邪かもしれないじゃん。
それが、他人にうつって、他人に38℃以上の熱を出さす可能性はあるんだよ。

インフルエンザ認定かどうかでしか判断できない日本人が、思考停止に陥ってるんじゃないか? といいたいわけだオレは。

インフルエンザであるかどうかの判断基準もオレはかなりアヤしいと思ってる。医者も、実は一枚岩になってねえよ。共通見解がわかれている。
医者にびっとしてもらわねえと困るんだよ!

« ばかのかべ。 | トップページ | 若い人って徴兵ってどう考えてんの »

超健康論」カテゴリの記事

ツイート

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ