« 庶民のよろこびそうなこと | トップページ | おっさんは怒っているw »

2015年1月25日 (日)

民度が高い人たちというのは

http://ameblo.jp/stevengerrardjp/entry-11628712342.html
民度が高い人たちというのは。。

民度が「異様に低い」地方のDQNどもの主張するとおりに、「常にガマンしている」状態なのだろうか?

もちろん、そんなことはない、という前提で論を進めるわけだが。

民度が高いっつーことは遵法意識がデフォで高いってこと。ということは親と、幼少期の周りの教育がよかったということ。

残念ながら、環境サイアクでは自力で民度は高くなりずらい。もちろんオトナになってからの自助努力でも「更生」はできるけどねえ。

遵法意識がデフォで高いということはね、法律やルール、道徳的な規範みたいなものを、守ることにストレスを感じない。そして、守らないことにストレスおよび不安を感じる。

はけ口として守らないふりをすることは、あるよね。たまに「ハメを外す」ってやつね。でもね、99%戻ってくる。日常に。

戻ってこないのは(なぜか)女性に多い。

田舎のDQN(元ヤン)はルールを守り続けることにストレスを感じるのだから、オレたちとは真逆な人種なんだ。はっきりいって哀れみをおぼえる。そんなことではホント、この国では生きづらいだろうに。。一生苦労してゆくこと決定、みたいな。

200年前と同じなんじゃない? 日常と「折り合いをつける」ことを「負け」だと感じるバカものたちは、年に一度(ぐらい)の祭りで発散するしかない。
あるいは、祭りを「イベント」と名を変えて、それを増やしてストレスを発散してゆくしかない。

ホント、哀れな人生である。

洗練された都会では庶民はDQNを上から目線でみている。これは事実だ。そして田舎のDQNはカウンターとして、「(ルールに縛られない)オレたちがうらやましいんだろ?」「しがらみの中でムリして生きてんだろおめーら、それで楽しいか?」と。。

一生意見が平行線なのは明白。だってオレたちDQNをみてても、250%うらやましくないから!

そして「しがらみの中で生きてんのはアンタらだろ」と。逆にいえば田舎のしがらみの中でしか生きられない。。実は、つっぱってるようにみえて田舎のしがらみになんとな~く守られて生きている。それを無意識的にわかっているから、ヤツらは田舎から出ない。

オレたちはアンタらよりは個として独立した存在だと思うぜ、よっぽど。

でもね、(ここから注意!)

民度が高い人たちは遵法意識が高いがゆえに、(法やルールを決める)「お上」の言いなりになってんじゃねえの? という言い方もできるわな。

でもこれもおおよそ、Noなんだ。

お上の言いなりになってんのは民度が「ふつー」なヤツらだけなんだよ。ほとんど。

民度が高くなるにつれて、マスコミから距離をおくようになるのが、自然なの。民度が高い人間の考えることとマスコミの垂れ流す主張(のようなもの)は根源的に合わない。

民度が高くなるにつれて、最初は、マスコミの中から自分に合う波長の人間なり番組なりをセレクトしてゆく。ここで多くのヤツらは選民意識に浸ってしまい、そこで頭打ちになる。(民度は「ふつー」のまま)

ここの時点で止まってしまうバカというのが、僕が10年ぐらい前からキライを名言している、いわゆる「横文字職業予備軍」というかね。

たとえば芸大を出てプライドだけ高いが年収は低いヤツらとかね。主婦のクセにクリエイティブを連呼するバカとか。。

ま、いるでしょ。そういうヤツって。

本当に民度の高い人たちはマスコミから距離をおくだけ。対立しない。下にもみないし上にもみない。
距離をおくっていうのは、背を向けるのとは違うんだよ。

マスコミから距離をおいてはじめて、一個人、責任感を持つ個人となる。なぜなら、いろいろな判断をマスに委ねなくなるから。それはそれで、キツイことなんだ。

でハナシ戻すけど、責任感を持つ個人っていうのは「お上」の言いなりにならないことは自明なんだよ。もともと「お上」ってのはマスコミを利用して洗脳してゆくものだから、そのマスコミから離れてしまってるんだから。

でも「お上」と対立はしない。背を向けることもしない。
ただし、内心は「お上」をバカだと思っている。

« 庶民のよろこびそうなこと | トップページ | おっさんは怒っているw »

自虐的愚民論」カテゴリの記事

ツイート

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ