« チェーン店的人材 | トップページ | 空間を楽しむ »

2015年1月30日 (金)

「女房」

http://ameblo.jp/stevengerrardjp/entry-11635448292.html
高度成長→バブルを経て、「良い女房」になろうとする女子なんかほとんどゼロになった。みんな自分の幸せ「のみ」考えるようになった。そのくせ、世の中が 不況になると専業主婦に「逃げ込もう」とするヤツばっかり増えてくるんだけれどあいかわらず「良い女房」になろうとする割合は増えない。つまり、「三食昼 寝付きの永久就職先」を虎視眈々と狙ってるだけなんだよ。

じゃあ男子はどうなんだっつー話なんだが、オレがなんで女子に対して強気な発言ばかりしているかというと、「良いパパ」になろうとする男子は、少しずつであるが増えてきてるんだよ。

この男女の違い、わかる?

男女平等になってきてるってことは男子の優先権を少しずつ女子に譲ってきてるってことだろ。
こういうことを言い出すと「上からだ!」とヒステリックに言い出すヤツが出て有益な議論は終わる。

そしてその結果どうなってるか、わかる? 世の中は少しずつ変わってきて、20年ぐらい前と比べて父親が好きっていう子どもは着実に増えてんだよ。(特に女のコ)

以前から書いてることだけど、女子が良い女房になろうとせず「ふつーの」ビジネスマンになろうとした結果、不況をまったく抜け出せないのはなぜなのだ? というあたりについて女子からの冷静な回答がほしいわけ。

男子も、家庭に「気をとられる」ようになり、バリバリ働くヤツが減って、男女とも「ふつーの」ビジネスマンばかりになり、強力な推進力がなくなってしまったからじゃないのか?
ビジネス・シーンが烏合の衆になってるんじゃないの?

女子に期待したところで女子はほぼ、バリバリのビジネスウーマンにはなろうとしない。生き馬の目を抜くビジネス・シーンですら勝手に権利を主張して、男子から庇護されようとする。足手まといなんだよ。全員がそういうヤツだとはいわないけどな。ほとんどそう。

« チェーン店的人材 | トップページ | 空間を楽しむ »

女子!」カテゴリの記事

ツイート

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ