« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »

2015年1月

2015年1月31日 (土)

空間を楽しむ

もうさ、「アホか!」って思うのはねえ。

もうかれこれ10年弱ぐらい言い続けてる話だけど。。

 

オレの、家の中での「スペース」っての? いや別に自分の書斎をもってるわけじゃないんだけど、そういうのってあるじゃない。自分のくつろぐ空間がさ。テーブルと椅子、だけでもいいんだよ。

 

オレさ、そういう空間ってすごく大事にしてるっていうか、具体的にいうと常に整頓してるのね。

 

だから、すっきりっつーか「がらんと」してるわけ。

 

ところが!その空間にオレは満足してるのに、そこを「空いてる」と判断して「モノおかせて~」とくるバカがいる。

 

そのバカとはオレの家族w

 

馬鹿じゃねえの?オマエ。

 

テメーが整頓できねーから、収納するスペースが確保できず出てきてしまったブツを、なんでオレの空間においてやらにゃいけんのだ!!!

 

オレはその空間を楽しんでんだよ!それがオレのアイデンティティなんだってばよ!

 

「だって空いてるじゃん」「いーじゃん」ってオマエ。。

死ね!!!!

 

なんでテメーの尻拭いしなきゃいけねーんだヴォケが!!

 

っていう話になると、逆切れ。バカだから。

家が狭いんだよって話になるんだが、まず捨てられないバカが家が狭いとか言うな!家のせいにすんな!死ね!!

 

次に、整頓するスキルがねえくせに家が狭いせいにすんな!すぐ死ね!!!!

たとえば収納とか空間が空きすぎていてムダすぎんだよオマエのやり方は!

 

バカすぎてどうしようもない。

2015年1月30日 (金)

「女房」

http://ameblo.jp/stevengerrardjp/entry-11635448292.html
高度成長→バブルを経て、「良い女房」になろうとする女子なんかほとんどゼロになった。みんな自分の幸せ「のみ」考えるようになった。そのくせ、世の中が 不況になると専業主婦に「逃げ込もう」とするヤツばっかり増えてくるんだけれどあいかわらず「良い女房」になろうとする割合は増えない。つまり、「三食昼 寝付きの永久就職先」を虎視眈々と狙ってるだけなんだよ。

じゃあ男子はどうなんだっつー話なんだが、オレがなんで女子に対して強気な発言ばかりしているかというと、「良いパパ」になろうとする男子は、少しずつであるが増えてきてるんだよ。

この男女の違い、わかる?

男女平等になってきてるってことは男子の優先権を少しずつ女子に譲ってきてるってことだろ。
こういうことを言い出すと「上からだ!」とヒステリックに言い出すヤツが出て有益な議論は終わる。

そしてその結果どうなってるか、わかる? 世の中は少しずつ変わってきて、20年ぐらい前と比べて父親が好きっていう子どもは着実に増えてんだよ。(特に女のコ)

以前から書いてることだけど、女子が良い女房になろうとせず「ふつーの」ビジネスマンになろうとした結果、不況をまったく抜け出せないのはなぜなのだ? というあたりについて女子からの冷静な回答がほしいわけ。

男子も、家庭に「気をとられる」ようになり、バリバリ働くヤツが減って、男女とも「ふつーの」ビジネスマンばかりになり、強力な推進力がなくなってしまったからじゃないのか?
ビジネス・シーンが烏合の衆になってるんじゃないの?

女子に期待したところで女子はほぼ、バリバリのビジネスウーマンにはなろうとしない。生き馬の目を抜くビジネス・シーンですら勝手に権利を主張して、男子から庇護されようとする。足手まといなんだよ。全員がそういうヤツだとはいわないけどな。ほとんどそう。

2015年1月29日 (木)

チェーン店的人材

http://tatsuzawatokyo.blog.fc2.com/blog-entry-493.html
いわゆるチェーン店やファミレス、コンビニとかが進出してくるのを良く思わないヤツが多いみたいなんだけど、そういうアンタ自身が「チェーン店」なんだって! なんの特長もない。

オレは子供の頃から「その他大勢」はホントイヤだった。でそのままオトナになった。大学生~20代の頃「寄らば大樹の陰」という言葉が大嫌いだった。

ホント、21世紀はキビしい世の中になってきててさ、なんの特長もない人間はカンタンにポイされる時代になるんだぞ?
本当の意味での「個性の時代」がやってくるんだぞ?
切迫感がないんだよなあ。。

国とか政治とかが、まっとうに生きてりゃ助けてくれると思ってからに。
いや、確かに、真に「まっとうに」生きてりゃ助けてくれるよ。でも今の時代の凡人はズルすることばっか考えてるから、そんなヤツらは助けてくれはしないだろう。

20世紀は、トンガろうとするヤツらがパージされたけど、21世紀はホント、違うんだって。認めようとしないヤツが多い。ふつうは美徳ではないの!

ふつうなヤツって礼節の部分でも「ふつう」でしょ。それじゃダメなんだよ。

2015年1月28日 (水)

ふらっと入ったスタバとかでさ、たまたま隣にいた女性2人組の、会社だの世の中だの彼氏だのダンナだのに対する愚痴のオン・パレード!

ムゲンに続く愚痴の言い合い!

こんなの延々と聞かされた日にゃ、これ「口害」だからね。副流煙なんか目じゃないよ愚痴の毒性ってのは。

ゼッタイ幸せになれない行動を率先して自ら行って、そしてまたグチという超悪循環。これを、大都市圏の女性の半分以上は律儀に遂行している。

2015年1月27日 (火)

都落ちだろ

この話(ってのは今から書く系の話ね)をね、なぜオレがずーー~っと根に持っているかというと。

なぜずーーー~っと書き続けているかというと。

 

まあまあ、都心といってもいい場所のマンションから郊外に家買って越したヤツ、あるいは、郊外の家をさらに売って、もっと郊外に引っ越していわゆる「田舎暮らし」ってヤツを始めたヤツ。

あるいは別なパターンでは、家は変わらんのだが、都心へ通勤するリーマンをやめて、あえて田舎の勤務地を選択して転職したヤツ。まあたとえば田舎におったててる研究所とかね。

 

そういうカテゴリに属する人間のほとんどは、環境が変わる際に「最後っ屁」をかましていくわけよ!

いわく、「いつまでも東京じゃねえだろう」と。誇らしげにな!

 

あのなあアンタその発言した時点でオレと敵対関係になったっていう理解でいいんだよね?

都会に住み続ける選択をしているオレに対する最後っ屁っていう理解でいいんだよな?

 

それにさ、なんでオマエその発言をさ、わざわざ人が集まってるところで言う必要があるわけ?

んなもん黙っとけばいいじゃんよ。

なんであえて環境が変わる直前に自分を正当化しておかなきゃならんの?

 

オマエさー、実は東京から離れるの「都落ち」って思ってね?

オマエホントに田舎いきてーのか?

 

オレは根に持ってるからね、そういうヤツのその後をなにげにリサーチしたりする。

そうするとさ、いやー東京にいくのなんて1か月に一回ぐらいになったよ、ってオマエ月一できてんのかよ!東京に最後っ屁かまして田舎に下ったんじゃねえのかよ!

 

そういうヤツって田舎って超楽しいともいわんし、なんつーかどっちつかずの発言に終始するわけよ。もごもごしてんのさ。オレは内心ざまあみろと思ってるけども。特に通勤ラッシュの時間が倍ぐらいになったヤツに対しては!

ホント、アンタが選んだ業だからなそれは。

 

あとさ、田舎にひっこむっつったってどーせ通信環境は良好で、田舎で引きこもってスマホばっか見てんだからどうせ。

そういう人生を選んだのもアンタだよ。

 

2015年1月26日 (月)

おっさんは怒っているw

http://blog.goo.ne.jp/strikegold/e/03871aa1cd4817c96ce27ff12bcc9fe5

あんまり、正直いって「おっさん」にはなりたくないのだが、十分おっさんといえる年齢になっているので、ずる賢く、おっさんモードになれるときは利用させてもらおう(笑

あのさ、恋人同士とかがいろいろ暗黙の「駆け引き」してさ、結婚に進むかどうか逡巡してる時期ってあるでしょ。

ま、昔も今も、プロポーズは男子がするんでしょう。まあそれはいい。

ただ、男女のいわゆる「平等」(サヨクが好きなヤツ)はね、ゼッタイに昔より今のほうが進んでいる。

なぜかしらんが、女子からみるとそれは「遅々として進んでない!」と感じるらしいのだが。。それはウソだよ。あるいは錯覚。

おっさんが怒っているのはね、女子が男子を、結婚する対象としてみれるかどうか?を「値踏み」するときにだな、「アタシはこの人を、一生幸せにしてあげられるだろうか?」っていう視点でみろよ!!!!!!!!!!!!!!
ってことなんだよ。


なんでこの平成のご時世で、幸せに「してもらう」なんて思ってるわけ?

目の前にいるとある男子が、加齢臭をぶちまけても、ハゲになっても、失業しても、幸せにしてあげられるだろうか?
ってココロから思ってみろよ。アンタの意中の男性は喜んで結婚してくれるって。


結婚前から、どう進めたほうが「有利」か「不利」かなんて考えてるバカどもは非常に高い確率で幸せになぞなれん。

幸せになる/ならないっつーのはな、直接的に離婚するか否かじゃねえんだよ。

「それなりに」幸せな結婚生活を送れていない夫婦が、あまりに多すぎるからな。

2015年1月25日 (日)

民度が高い人たちというのは

http://ameblo.jp/stevengerrardjp/entry-11628712342.html
民度が高い人たちというのは。。

民度が「異様に低い」地方のDQNどもの主張するとおりに、「常にガマンしている」状態なのだろうか?

もちろん、そんなことはない、という前提で論を進めるわけだが。

民度が高いっつーことは遵法意識がデフォで高いってこと。ということは親と、幼少期の周りの教育がよかったということ。

残念ながら、環境サイアクでは自力で民度は高くなりずらい。もちろんオトナになってからの自助努力でも「更生」はできるけどねえ。

遵法意識がデフォで高いということはね、法律やルール、道徳的な規範みたいなものを、守ることにストレスを感じない。そして、守らないことにストレスおよび不安を感じる。

はけ口として守らないふりをすることは、あるよね。たまに「ハメを外す」ってやつね。でもね、99%戻ってくる。日常に。

戻ってこないのは(なぜか)女性に多い。

田舎のDQN(元ヤン)はルールを守り続けることにストレスを感じるのだから、オレたちとは真逆な人種なんだ。はっきりいって哀れみをおぼえる。そんなことではホント、この国では生きづらいだろうに。。一生苦労してゆくこと決定、みたいな。

200年前と同じなんじゃない? 日常と「折り合いをつける」ことを「負け」だと感じるバカものたちは、年に一度(ぐらい)の祭りで発散するしかない。
あるいは、祭りを「イベント」と名を変えて、それを増やしてストレスを発散してゆくしかない。

ホント、哀れな人生である。

洗練された都会では庶民はDQNを上から目線でみている。これは事実だ。そして田舎のDQNはカウンターとして、「(ルールに縛られない)オレたちがうらやましいんだろ?」「しがらみの中でムリして生きてんだろおめーら、それで楽しいか?」と。。

一生意見が平行線なのは明白。だってオレたちDQNをみてても、250%うらやましくないから!

そして「しがらみの中で生きてんのはアンタらだろ」と。逆にいえば田舎のしがらみの中でしか生きられない。。実は、つっぱってるようにみえて田舎のしがらみになんとな~く守られて生きている。それを無意識的にわかっているから、ヤツらは田舎から出ない。

オレたちはアンタらよりは個として独立した存在だと思うぜ、よっぽど。

でもね、(ここから注意!)

民度が高い人たちは遵法意識が高いがゆえに、(法やルールを決める)「お上」の言いなりになってんじゃねえの? という言い方もできるわな。

でもこれもおおよそ、Noなんだ。

お上の言いなりになってんのは民度が「ふつー」なヤツらだけなんだよ。ほとんど。

民度が高くなるにつれて、マスコミから距離をおくようになるのが、自然なの。民度が高い人間の考えることとマスコミの垂れ流す主張(のようなもの)は根源的に合わない。

民度が高くなるにつれて、最初は、マスコミの中から自分に合う波長の人間なり番組なりをセレクトしてゆく。ここで多くのヤツらは選民意識に浸ってしまい、そこで頭打ちになる。(民度は「ふつー」のまま)

ここの時点で止まってしまうバカというのが、僕が10年ぐらい前からキライを名言している、いわゆる「横文字職業予備軍」というかね。

たとえば芸大を出てプライドだけ高いが年収は低いヤツらとかね。主婦のクセにクリエイティブを連呼するバカとか。。

ま、いるでしょ。そういうヤツって。

本当に民度の高い人たちはマスコミから距離をおくだけ。対立しない。下にもみないし上にもみない。
距離をおくっていうのは、背を向けるのとは違うんだよ。

マスコミから距離をおいてはじめて、一個人、責任感を持つ個人となる。なぜなら、いろいろな判断をマスに委ねなくなるから。それはそれで、キツイことなんだ。

でハナシ戻すけど、責任感を持つ個人っていうのは「お上」の言いなりにならないことは自明なんだよ。もともと「お上」ってのはマスコミを利用して洗脳してゆくものだから、そのマスコミから離れてしまってるんだから。

でも「お上」と対立はしない。背を向けることもしない。
ただし、内心は「お上」をバカだと思っている。

2015年1月24日 (土)

庶民のよろこびそうなこと

http://ameblo.jp/stevengerrardjp/entry-11628671344.html
マスコミっちゅーのは、結局、庶民のよろこびそうなことしか書かないってことか。(その仕掛けに対して、庶民はバカだから100%よろこぶ)

何をアタリマエのことをって感じ? 気付くの遅すぎ。。

かつ、そこに各社の「思想」をたくみにまぶしていく。。どうやって気付かれないようにまぶすか、を日夜死ぬ気で考えている、偏差値の高いバカどもがたっくさんいるんだから、オレらはかなうわけないの。

あのね、いちばん大事なことはね。

庶民のよろこびそうなこと、イコール「真実」じゃねーんだよ!!!

言い方を微妙に変えると、我々庶民がマスコミに対し求めているコンテンツは実は「真実」じゃねーんだよ! それをよおく、自覚しておいたほうがいい。

2015年1月23日 (金)

世の中を憂いてけっこうですこと

http://ameblo.jp/stevengerrardjp/entry-11628714099.html
世の中を憂いてどうのこうのって発言するヤツが多すぎて、ウザい。ウザすぎて相手にしてらんない。

アンタね、それはテレビとか大新聞とかマスコミとかを通した情報だろ?

ひるがえっててめえの生活はどうなんだよ。カネがちょっと足らんぐらいで、数十年変わらず、平和に暮らしてんじゃねえの? てめえの生活は憂うところなんて実はないんじゃねえの?

憂うところを見つけたくてしょうがねえのか? 自分のまわりがあまりに平和だから。

だから「バカじゃねえの?」なんてバカなオレにいわれちゃうんだよ、バカ。

日本に凶悪な事件が増えて云々、と。。はいはい、わかりました。てめえが論じてどうすんだよ世の中を!
あのな、アンタには世の中を論じる資格すらないの!!! 世の中平等じゃないの!!!!

世の中を論じる資格があるのは、市井の生活を、ホントに一生懸命に生き抜いてる凡人だけなんだよ。
そしてそういう真の凡人はテレビなんぞ見てる時間はない。だから、リアルな意見をもっている。コメンテイター(万死)の受け売りじゃなくてな。

それにしてもなんで愚民は評論家になりたがるんだろなあ。。つーか愚民の存在意義はそこにあるのか、そうか。

自分の周辺が平和なのであれば「平和である」と発信すりゃいいじゃねえか。つーか「平和である」と発信するほうがこのご時世、アナーキーなのか。。ヘンな世の中だなあ。

2015年1月22日 (木)

芸能人のライフスタイルに追随しないこと。

http://ameblo.jp/stevengerrardjp/entry-11342193047.html
芸能人のライフスタイルってさ。。

と、その前に、ヤツらはみーんな、広告塔だからねえ。

飯を食う店も、選ぶ服も。みーんな広告。

ヤツらはそういう自覚を持っている。
それに気付いてないのは愚民だけ。

特に、売れてるヤツらの金満生活って、あれ、ふつうじゃない。
ふつうじゃないってことはマネするもんじゃない。
オレらがカネがあったとしてもマネするもんじゃない。

芸能人のマネをすることで、すべて思うツボ。芸能のウラにいるヤツらの。

たとえばお洒落っぽい芸能人がいるとして、そいつは何も発信してないから。
トレンドを。
発信しているのはその背後にいるヤツら。

ヤツらはただのきせかえ人形なんだってば。気づけよ!

2015年1月21日 (水)

本を読まないヤツの挙動

http://tatsuzawatokyo.blog.fc2.com/blog-entry-472.html
流れてゆく、立ち止まらない、いや、立ち止まるヒマがない。

本はどんどん読み続けているので、一冊の本に固執しない。
たま~にしか本を読まないヤツが多いんだけど、久々に興奮する本にめぐりあったもんだから、これみよがしに読後感を吹聴しやがる。見てて恥ずかしいんだ、ああいうの。

さらにもっともはずかしい&ムカつくのは、「まだ読んでないんですか? 読んだほうがいいですよ!」と「ご親切に」「御指南」いただけるときね。

お里が知れるってやつだよ。
そういうヤツが読んでるいわゆる「ベストセラーもの」ってとんと興味ねえから。ベストセラーを読まないだけて人にあらず、みたいな評価をされる。そういう、めったに本も読まない大馬鹿に!

不条理だ(笑)

たまにディズニーランドにいくヤツも同じような行動をとる。まず「バカにしてたけど」というエクスキューズから入り、最後は「いったほうがいいですよ」という「御指南」。

行列のできるイタリアン、とかになんかの拍子にいってきたヤツも、同じ! まず「行列までして食べるのってどうかと思ってたんだけど~」から入り(以下同文)

はっきりいって、いっぺん豆腐のカドに頭ぶつけて死んでほしかったりw

あ、そうそう、何が言いたかったかというとね、オレの場合良くも悪くも固執しないので、ひとつの作品に対して「立ち止まって」これおすすめ! とか吹聴したりしない、つーかできないんだよ。

なぜなら、すべては流れてゆくから。

2015年1月20日 (火)

楽しく朗らかに生きるってのは、アナーキーだ。

http://ameblo.jp/stevengerrardjp/entry-11346004851.html
ひねくれ者の日本人たちからすれば、「あっち向いてる」って感じがするんだよ。楽しく朗らかに生きている人たち(オレとか)は。

「話を聞いて!」「この惨状を知ってほしい!」という「申し出」は、無限に、いろんなメディアを通じて「提出」されてくる。

あまり世の中に知られていないのだが、これらを見るも見ないも個々の自由なのだ。(知ってた?)

別に見なくとも、なんの云われもない。他人の「評価」「査定」には何ら影響しない(べき)。

行ったこともない、一生行くこともない国や地域の子供らや老人やオトナが悲惨な状況にあります。「テメエは見て見ぬふりするか?」と、オレらは「脅迫」され続けてる。

いいかげん、オレ、イヤんなった。なんで脅迫され続けなきゃならんの? 楽しく朗らかに生きようとすると脅迫される。

日本人ってホント、バカだなと思ったね。そういうヤツばっかりで。

そんなヤツらにはゼッタイ迎合すまい、と思ったもん。

いつもいつも不機嫌そうに歩いている。それがカッコいいか?
あるいはいつも下をむいて歩いている。

ウチに帰るとぼけーっとテレビみてる。ニュースやドキュメンタリーみて勝手に憤慨してる。何もしない(できない)クセに。

ネットに書き込みして強がって行動起こした「ことにする」。

意味ねー


何度もいろんなところに書いているが、ウチの家内はかつてホントにバカだった。なぜなら、

くっだらねえからテレビを見ないオレに対し(今は、番組を選択して、録画でまとめてみてる)、「世の中から逃げてる!」(テレビの向こう側で起こってることを直視しなさい)と真顔でいってた。

マスコミ、すなわち第三の権力に完全に洗脳されている大バカ。

こういうヤツと結婚したことを心から後悔した。(今は、してないから! だいぶ昔の話)

洗脳を解いてやるほどオレは優しくないので、カンゼン放置してたら、バカはバカなりに、あまりにテレビがつまんなくなってきていることに気づいたらしく、やっとオレみたいな生き方もアリと思うようになったらしい。

ザマミロ。いっぺんぐらい「アタシが間違ってました」と土下座ぐらいはしてほしいもんだ。

そ れと、自分がソファでぐうたらと寝そべってテレビをみているのを、子供が思い切りマネしてるのを見て、「テレビばっかりみないように」と注意するのをみ て、救いようのねえバカだなと改めて思ったんだけど、それも時がたつと、ああ、自分のマネをしているのだ、と理解したらしく、子供の前でぐうたらとテレビ をみるのは控えているらしい。

2015年1月19日 (月)

安全圏からべき論をほざくヤツらは、ますます嫌われている。震災以降。

http://ameblo.jp/stevengerrardjp/entry-11390579083.html
ぐだぐだいってないで、何か行動を起こそうよ、ということになってきている。それが趨勢になってきている。

この動きは、まず、評価しようよ。第一段階として、だけどね。

家でのうのうとテレビをみてネットをみてツイッターをながめて、ヴァーチャルな世界(というある意味究極の安全圏)でちょっとウヨクがかったべき論を「舌鋒鋭く」(笑)発信しているバカどもに、オレら影響されすぎだったんだ。そういう言説に若干動揺しちゃったりさ。

そんなヤツらはカンゼン無視、どころか逆襲して大反撃してやりゃいい。結局そういうヤツらは死ぬまで何もできないし死ぬまで愚民だし。
愚民のくせに正論吐くもんだから、その正論に対する反論ができなかった。。今までは。

でも、「行動してないじゃん」という反論が、今はできる。今までよりも強く。

あのね、そんなヤツらの言論なんて封鎖しちゃえばいいんだよ。言論の自由を逆手にとるずる賢いバカは自由を剥奪すればいい。

言論の自由って「なんでも垂れ流していい」ってことじゃない。

。。え? それはオレ?www
バレたか。。

ま、そう思われてもいいけど。でもオレには、過去10年以上にわたって「行動」してきた蓄積が、「なくはない」。
オレはずっと現場で、対岸、すなわち安全圏にはいなかった。つーかね、いられなかった。安全圏から追い出された。という意味で若干根に持ってるけどw

2015年1月18日 (日)

聞く力がない。

http://blog.goo.ne.jp/strikegold/e/9dab52c402efbd16966976b9d685de0b
IT業界には聞く力がないヤツが異常に多い。
年齢は、関係ない。

なぜかといえば、機械と向きあって生きてきたからな。
仕方ないっちゃ仕方ない。哀れだ。

ほとんど高等教育受けてるヤツばっかなんだから、言語化能力や言語表現能力がないわけじゃないだろ。
実際、ほとんどのヤツらはメールでは饒舌になるし。SNSでは我が物顔なんだろ、たぶん。

致命的に足りないのは、「人間」(つまり相手)のアウトプットに対して「解釈」をする能力。
機械だの、テレビだの、本も含むけど、「静的」なものに対する解釈は、優れているというかふつうにある。
でも、人間のアウトプットをうまく解釈できない。

オイラね、ムカシはこいつらバカなんじゃなかろうか? と思っていたのだが、最近違うらしいということがわかってきた。

「プライド」のようなものに支配されていて、あえて間違った解釈をしてしまうんだよ、そういうヤツらって。
まず、相手が、交渉時などに自分に不利になりそうなことを言い出してるなということがわかったら、あえて流す。とか、あえて間違えて解釈する、とかね。

つまり、「間違った解釈をする能力」には異常に長けてるわけね。言い方をかえると。
それって、天然で相手のいってることがわからないよりも、さらに大馬鹿なんだけどね、ホントは。

だからこのギョーカイはストレスがたまる。だから、機械相手に引きこもってしまうのも、わかるんだよな。
わかるんだが、自助努力が決定的に足りねー(笑 

2015年1月17日 (土)

[重要]超・重要 この時代にもっとも反体制的な考え方w(3)

http://ameblo.jp/stevengerrardjp/entry-11379412343.html
なんか最近思ったんだけどさ。。(それが、この論を書こうと思ったトリガかもしれない)

それなりに中流の暮しをしてきたオレ(ら)に対して「もっとカワイソウなヒトタチガイル!」と吹聴してまわるバカども(テレビ)のせいで、感化されてしまって、まんまとオレの人生もいっかいカワイソウになったとするわな。

それ、どうしてくれんの? オレの人生がいっかいどん底に落ちたのはそいつらのせいじゃないの?

という問いかけは、無意味なんだが。。
なぜなら、オレがたとえばプライベートでどんなにどん底であろうとも、「カンボジアの難民はモットカワイソウ!」は変わらないから。この豊かな国、ニッポンにいる限り、この国にとどまって不幸なうちは、「発展途上国をみよ!」論理は適用されてしまう。

死ななければならないということだ。
そして日本は3万人が自殺する。まんまとそのバカどもの策略にハマって。

バカラシすぎる。3万人を自殺させといて、そのバカどもはまったく罪に問われない。
そのうしろには、100万人ぐらい、精神的な疾患になっているヒトがいるのかもしれない。

あらためていうが、日本人は身内のバカどもに足を引っ張られっぱなしなんだよ。

オレが(先進国における)不幸でいた頃、誰か気にかけてくれたか? ていうかオレが不幸だったことを知ってるか? 
誰も知らない。誰も気にかけてくれない。誰もが他の足を引っ張ることでいっぱいいっぱい。
嬉々として他人の足を引っ張り続けている。無限ループで。

オ レは1.5年前、周りのヒトたちと同様に、自分のことについてたくさんたくさん考えた。胃がいたくなるぐらい考えた。福島出身のオレは、田舎に残っている オレの親戚の不幸についてたくさん考えた。それに比べて東京に住んでいるオレはなんとのうのうと暮らしていることよ、と。

オレとオレの家族は「誤差の範囲」で、胃がいたくなったり、身体に不調をきたしたり、ちょっと不幸になった。

ごくノーマルな思考をもつ人たちは寝袋かついでゴールデンウイークにボランティアにいった。不幸になりにいった。周りが同調圧力で、不幸になれなれなれなれと脅したからだ。
多くの東京在住の彼らは被災地の光景を見、「誤差の範囲で」トラウマを抱えて帰ってきた。
あろうことか、自分の子供を連れていったヒトも多数いる。
家族で「誤差の範囲で」不幸になりにいった。

もちろんオレもゴールデンウイークに田舎に帰った。マシンガントークで親戚の愚痴をきかされた。その愚痴をきかされてオレも胃がいたくなった。親戚はオレの胃を攻撃しなければ気が済まない感じだった。

オレはそんなことはなかったが、早い段階で(興味本位で)被災地の光景をみにいった東京以西の愚民どもは、被災地をみた瞬間にある種のエヴァンジェリストになり、自分の家なり職場に帰って「布教活動」を始めた。「オマエもみにいったほうがいい!人生かわるから」と。

みにいくことを被災地側も望んだ。「一緒に不幸になろうぜ」と。そしてまんまと日本全体がダウナーになっていった。

そういえばオレはムカシから、「弱者強者」がダイキライだった。
ということを思い出した。「弱者強者」は攻撃しずらい。あいつらを攻撃するには策略が必要だ。

そういえばオレはムカシから、テレビがダイキライだった。
テレビは日本人を不幸にする。よけいな番組はみない。

オレはオレ自身と家族と親戚とその周辺と、ごく一部を幸せにすべく、毎日忙しいんだ。「オマエらバカども」にかまってられるか。

オレは福島出身だが、オレと被災地とは関係ない。
同じ日本人? だからどうした、オレの足を引っ張る、オレを不幸に陥れようとする日本人となんで連帯しなきゃならんのだ?

場合によってはオレはオレを幸せにしてくれそうであれば、ポジティブに、一緒に引き上がってゆけそうであれば、ガイジンとだって連帯するぜ。反日教育してる国はイヤだけどな。

2015年1月16日 (金)

え、なんで家事労働ってガキの使いでいいわけ?

家事労働ってさ、「ガキの使い」品質でいいらしい、ってのが信じられんわね。

家内に○○買ってきて、っていうとさ、30%ぐらいの確率で「スーパーになかったから」という理由で、買わない。

しかも、それをそのときにいわない!

あとからこっちが「そういえば○○ある?」って聞いてはじめて、スーパーになかったから買ってない、と。

聞かれないといわない。

 

こんな作業品質だと、ビジネス・シーンで、特に新入りだったらどやされるわなあ?

でも主婦だと逆切れの余地が残されている。

 

たとえばオレぐらいの年齢になり、管理職になるとさ、3年で売り上げを倍にせよだの。。

来期1億コストダウンさせろだの。。

効率化の施策を出せだの。。

 

現場を何も知らん経営からそのときの日経ビジネスのトレンドを丸投げされて、ヒーヒーいってるわけ。

理不尽な要求を突きつけられて、それでもヒッシに頑張ってんだよリーマンは。

 

それがさ。。同じ世代の主婦が同じような要求をつきつけられたらどうせ、逆切れかサボタージュだろ?

 

まず、「で、どうしたらいいんですか?」攻撃だよな。

どうしたらいいのかを自分で考えようとしないから。

 

 

だから!結論として家事労働従事者はつねに陰口を叩かれ、陰で小馬鹿にされ続ける。

 

主婦は単調労働をさせられてるっていう被害妄想のカタマリだが、それは「どうしたらいいのか?」を考えないからなんだよ。

すべて周りが悪い、世の中が悪いっていう究極の受け身なんだわさ。

 

そんなヤツは、たとえば時間ができてビジネス・シーンに飛び込んでいっても、どうせ仕事はできない。

ビジネス・シーンで「じゃあどうしたらいいんですか!」と逆切れするような人材は、いらない。

 

あ、そうそう、陰口の叩かれ方が公務員と似てるんだよな。

制度に守られてる。低い品質の仕事してもそれなりのカネももらえる。

しかも老後もカネをもらえる!(主婦は厚生年金に加入することができる)

2015年1月15日 (木)

喫煙者の擁護をするわけじゃないが

喫煙者の擁護をするわけじゃないが

あのさ、喫煙可の店に自分の意志でいったくせに、人が食べてるときに吸うのはマナー違反!民度をうたがう!とか吠えてるバカいるじゃん?

いや、吠えてるっつーか、それを食べログとか自分のブログとかに書き込んでるだけなんだけど。

あー、ホントバカ。テメーがアウエイに乗り込んだ自業自得じゃねえか!

あのな、まず、日本人の民度なんてそんなもんだろ。灰皿がある店でタバコを吸って何が悪い、って話だろ。飲食店なんてアタリマエの話だが、ひっきりなしに誰かしら飯くってんだろ。配慮してたら吸うヒマねえじゃんかw

次にな、それをいってるテメーはそんなに聖人君子なのかって。

それとさ、最近喫煙者は虐げられてるからな、喫煙可の店には喫煙しにきてんだって! そのぐらいわかってやれよ。


最後に、これ、けっこう見逃されてんだけど、
虐げられてる喫煙軍団のほうがワルだよね。見てくれとか。どっちかっつーとね。だってこのご時世でタバコ400円超えしてもやめられないぐらいなんだからさ。

つまりね、禁煙派のマジメくん、マジメちゃんたちは、ゼッタイ喫煙軍団に直接物申せない。ネットに吐き出すしかねえんだよ。その情けなさ、バカさ加減って自分でわかってる?
そのバカさ加減たるや、喫煙可の店で喫煙してるおっさんどもよりは相当バカだよ。

2015年1月14日 (水)

不健康なヤツは権威主義者

不健康なヤツは権威主義者

バカっつーか大バカなのが、権威主義者ね。

オイラは健康法に造詣が深い自負はあるのだが、世の中の不健康なヤツらおよびデブは、健康に関してはみんな権威主義者だから。
つまり、自分で判断しない。テレビで紹介されたか、あるいはベストセラーになった健康法しかやらない。
そして、受け身の姿勢のため続かない。

たとえば僕がこういう方法がいいと思いますよ、というと、即座に「あ、それ●●がいってた」とか「おもいっきりテレビでいってたよ」と得意げ。
よく知ってるんだこれが。よっぽどヒマなんだろうな。

で、そういう、紹介されてた方法はやってみようとする。またはすでにやっていて失敗している。失敗している場合、言い訳が長い。
つーか必ず言い訳を用意してるところも、すげーよな逆に。

で僕が紹介した方法がマスコミに紹介されていない完全オリジナルだと、ゼッタイにやらない!
その方法がいいのか、悪いのか、すら考えない!
テレビとか本とかで紹介されていない、という時点でアウト!!

ホントこういうヤツってバカだと思わない? 救いようのないぐらいに。

2015年1月13日 (火)

サヨク方面からの問題提起

オレたちは発展途上国の人たちを尻目に豊かな生活を享受していいのか?と

ずっとサヨク方面から問題提起させられてきたわけよ。ガキの頃から。

 

で、そのサヨク方面のあいつらも結局この豊かな国で暮らし、うまいもんを食べ、対岸の火事をながめているだけだというのはわかった。

アイツら、文句言うだけでなーんも行動起こしてない。

 

でね、今日の本題はそれじゃなくて、オレたちが豊かさを享受しているというその象徴は、実はうまい食べ物ではなくて

 

「清潔」

 

なんだよ。

 

世界に国境はいらないだのくだらないことをいって夢を見てる現代のサヨク崩れは、たぶん、ほとんどが潔癖症。

発展途上国でなぞ絶対に暮らせない。シャワーも石鹸もないから。

 

まず不潔になってみろってんだよ。

2015年1月12日 (月)

超・重要 この時代にもっとも反体制的な考え方w

超・重要 この時代にもっとも反体制的な考え方w

重要]超・重要 この時代にもっとも反体制的な考え方w(2)

東日本大震災からはや1.5年。。

っていうのはあんまり関係ないかもしれないけど、オレは30年以上前から、たとえば「世の中には貧しくてかわいそうな人がたくさんいる」だの「カンボジアの難民のことを考えろ(それに比べてオマエは。。)」だの、

ずーっと脅され続けてきた。

オレたちは「何に」脅され続けてきたのだろうか? 脅迫犯は特定できているのだろうか? オレらに「トラウマ」とやらが残っているとしたら誰が責任とってくれんだ?

ま、それはいいとして。

実際、世の中の動きをテレビを遠いて通してながめていると、なるほど世の中とは、国内外とわず、不幸なできごとであふれているようにもみえる。
年間三万人が自殺し(オレのいとこの義父も何年か前に自殺した)、5000人が交通事故で死ぬという(過去には「交通戦争」といわれ、1万人が死んでいた)。
世界では大戦がないだけでいたるところで内戦が繰り広げられ、大国に対抗していたるところでひそかに核開発がおこなわれ、開発の過程でも人が秘密裏に死ぬ。

そしてそして、阪神淡路では数千人、東日本では数万人の同胞が死んだり行方不明のままだったり。

『それがどうした』
とオレはいいたくてたまらないのだ。
東日本大震災の前からずっとそうだったんだが、震災後ますます言いづらくなった。

オレは福島出身だから、まったく関係ないわけじゃない。
こんなオレでも、東北の親戚に対して東京に住んでいて「わりいね」という気分になった。

でもよく考えたら何が悪いのだ? なんで謝らなきゃならんのだ?

と、いったような話をしたいのだ。オレの親戚連中や、田舎の友人知人を敵にまわしてでも、だ。

なんで「足を引っ張る」のかな? てさ、ムカシから思ってんのね。

重箱の隅をつつきまくるようなヤツらがいるでしょ?
何かポジティブな人間なり空気なりが盛り上がってくると、途端に足を引っ張るヤツがあらわれる。

嫉妬でな。
ほとんどの場合正当な論拠がない。ただウラヤマしいだけ、とか。

そういうバカどもがわかってないのは、たとえばテメエはゆうゆうと高速道路や新幹線を利用して被災地に名ばかりボランティアにいくわけだが、そのくせゼネコンなり道路公団なり鉄道会社に対しては思う存分足を引っ張ろうとする。
なぜなら、相手は強敵すぎるほど強敵だから。相手は痛くもかゆくもないし、バカどもも、相手が委託も痒くもないことを知っている。

つまり、ただの自己満足。

ポジティブな人間が、自分およびその周りを「引き上げ」てくれる。(生活の豊かさとか、便利さの点で)

それは間接的かもしれないけれど、世の中をこれまで豊かにしてきたのはポジティブでかつ才能のある人たちだよね。そういう人たちが周りを動かし、世の中を動かしてきた。
重箱の隅をつつきまくるヤツらは、世の中を動かしてきていない。周りを幸せにもしていない。(不快にはしてるけど)

バカどもは、オレらの批判精神によって世の中はうまくまわってる、ぐらいに思っている。バカ。シネバイイノニ。


でね、オトナになってわかったのは、ガキの頃のオレらに対して、「カンボジアの難民はなんてカワイソウ!」と、別にオレは聞きたくないのに吹聴していたヤツらはその「バカども」に該当するってことだ。

バカでかつ、世の中の足を引っ張っている。

そういうヤツらは東日本大震災のとき大活躍したさ。だってそうだろ、世の中が不幸になるとそういうバカどもが大活躍する場が増えるんだから。

オレのことはおいといて、3.11以降に日本人のうちの半分ぐらいはその「バカども」になりさがり、バカどもが互いに「東北人はカワイソウ!」と吹聴し、互いに足を引っ張った。

結果、日本の復興が遅れた。互いに足を引っ張ったから。
ポジティブなヤツの足を引っ張ったというより、ポジティブなヤツはあんまりいなかった。被災地以外には。

いくらバカっつっても、被災地に対して「他の被災地は(キミのところより)なんてカワイソウ!」とわざわざ言いに行くヤツはいなかったんだろう。

2015年1月11日 (日)

濃い顔

濃い顔

スポーツで活躍してる人たちって、まずハーフ

ダルビッシュ ディーン 室伏

それはわかりやすいけど、「顔立ちが濃い人」が多いよね。

八分の一とか十六分の一とか、外国が入ってるんじゃないだろうか。


そういう血筋じゃないとスポーツじゃ活躍できない。

という言い方が極端すぎるのだとしたら、「血筋が有利」なのだとしたら、それって不公平じゃない? 


いや、スポーツって不公平だよねえ。
オリンピック近づいてるけど、日本って頑張ってるよねえ。

イエローモンキーが活躍するとルール変わるんだから。そういう不平等条約のもとで頑張ってるんだから。明治の世界中が野蛮な時代と何も変わってないじゃん。

っていうかスポーツって野蛮だよな。
サワヤカイメージをうろうとしてるけど、大学のラグビー部って集団レイプとかするでしょ。そんなもんだよ。スポーツマンって凶暴でしょ、ふつう。デカいんだから。デカいだけで優越感もっちゃってんだから。

なーんか、間違ってんだよねえ。
あ、そうそう! スポーツと芸能っておんなじだから!

2015年1月10日 (土)

バカなおっさんたち

バカなおっさんたち

通勤の歩くスピードが遅いオッサンたちが、ビジネスの変革はスピードだ、なんて会議でのたまってんだからホントバカだよね。。

日常生活「から」フットワーク軽くないヤツがビジネスを変えれるわけないだろが!!!

そういうヤツらはほぼ100%、プライベートでは「チェンジ」できないくせに。。
そのくせ部下に「チェンジ」押し付けんじゃねーよ。


くっだらねえこだわりとかプライドにガチガチに縛られてるだろ。具体的にいうと今の50前後の世代か。

変革ってチェンジでしょ。自己変革できねえデブがエラそうにほざくなってえの。

2015年1月 9日 (金)

旅行ギライ

旅行ギライ
旅行が趣味だってのはわかるさ、もちろん。
他人の趣味を否定なんかしない。

でもさ、たとえば、●●(外国の土地の名)にいけたらもう死んでもいい、とかぬかすヤツがけっこういるじゃない。

これってなんかおかしくね?つーかさ。

すげーうすっぺらい人生だったんです自分は!ってバクロしてるようなもんじゃん。だってそれまで、なーーんもしてこなかったんでしょ? 他人のせいにして。

死んでもいい、なんてセリフを吐けるのはさ、何かを「成し遂げ」たときでしょ。
つまりね、どこかに「(ただ)行く」じゃねえだろって。

観光気分でただどっかにいってガイドどおりなぞったところでそれは「成し遂げる」じゃねえだろ!!!!

オレの(観光)旅行ギライはこういうところなんだよ。観光旅行を積み重ねて何がエラいんだよって。

2015年1月 8日 (木)

待たせやがるバカは今、シーンにいない。

待たせやがるバカは今、シーンにいない。
大学に入ってから、上京してうれしかったもんだからけっこうライブハウスとかに行ったんだけど。まぁクアトロとかブリッツとかかな。

今考えると、開演が遅いバンドっていたね! そもそも数百人待たせといて、人としてどうよって思うよ。今になると。

オレたちは免責されると思ってるバカものども。

下手すると20分遅れることもあった。それ、ぎゅうぎゅうのスタンディングだよ? みんな信者なんだよね。何もいわない。
アレ、おかしいよゼッタイ。

当然、いくら当時のオレが弱々な人間だったとはいえ、待たされたバンドのライブには二度と行かなかったし。そして100%、そういうヤツらはバカ売れしてない。
ま、今でも細々とライブハウスでやってんだろ、「オレも丸くなった」とか言いながら!(悲しいネ)

だってそういうバカどもはゼッタイに、その道でしか生きていけないんだから。しかも売れる素養もないんだから。ビジネスマンになれるわけもなく、そこで残り続ける。
ま、いーじゃん。固定の信奉者が残るんだから。悪い気分じゃないだろう。

2015年1月 7日 (水)

赤坂:リーマンをバカにしてた店はみんなツブれた

赤坂:リーマンをバカにしてた店はみんなツブれた
だいぶ前、赤坂の現場で働いていた頃。。
昼も夜もよく繁華街に食べに行ってたんだけど、新しい店に押されまくりの斜陽の店がたくさんあったのね。

そういう店の店長や店員の口癖は「昔の赤坂はよかった。。」。もう、こればっか。

街にもっと活気があったとか、客の金払いがよかった、とか、今の客はケチばっかり、とか。

自分の店が売れないことを棚に上げて、大衆居酒屋で飲み会するリーマンをとことんバカにしてた。(そして、大衆居酒屋は連日満員)

そしてそういう店たちは軒並みツブれていき、赤坂は変わった。。変わったのは確かに、寂しいのだけれど。
でも、「昔はよかった」とかいって、時代に応じた変化をしようとせず、文句ばっかりいってる店たちがツブれるのは当然で、ザマアミロ、とも思う。

街が変わってゆくのは、老舗の怠慢ってのもあると思うよ。

それにしてもブルーカラーだのふつーのリーマンの懐をバカにする店っていうのはホント、腹立つなあ。。

2015年1月 6日 (火)

批判の声あげようぜ、こういうの⇒【女性編】将来夫にしたいイクメン芸能人ランキング

批判の声あげようぜ、こういうの⇒【女性編】将来夫にしたいイクメン芸能人ランキング
【女性編】将来夫にしたいイクメン芸能人ランキング
Q.将来夫にしたいイクメン芸能人を教えてください(複数回答)
1位 つるの剛士 38.1%
2位 杉浦太陽 15.2%
3位 土田晃之 13.4%
4位 藤井隆 11.2%
5位 仲村トオル 10.8%
※敬称略

まず。。芸能人が、育児に積極的に参加し、奥さんを大事にし。。というのはすべて、その人自身+事務所のイメージ操作だというのを、このアンケートに答えてる女性たちは自覚してるのかどうか。。

回答の理由が「らしい」「と思う」ばっかり。全部テレビを見てのイメージでしょ。

もっと問題なのはね、オイラとかがこういうのを見てすぐいきり立って、こういうブログに書いたりするのを「大人気ない」と批判して、ハスに構えて、黙ってることこそオトナ、みたいな空気なんだよなあ。

一生懸命働いてる子育て世代が、たかが芸能人のイメージ操作ごときに、ナメられてるんだよ。それがホントに、腹が立つ。

「女子」どもは、芸能人とケッコンして、浮気に苦しめられてみりゃいいじゃん。

2015年1月 5日 (月)

古本買って何が悪い

小林よしのりさんとかがね、昔、ブックオフを目の敵にしてさ、糾弾して、あんな店がのさばってたら漫画家、作家は生きていけない!みたいなキャンペーン張ってさ。。

 

それって結局、エンドユーザを脅してるのも同様じゃない。だからすっげえ違和感なんだよな。

 

つーか今、あんとき狂ったように騒いでたヒトたち、Amazonに対してなんか反対の表明してんのか?

Amazonなんか完ぺきに外敵じゃねえか。外敵には大人しいな?

 

あ、いや、Amazonはあれか、マーケットプレイスだけじゃなくて新品も買えるもんな。。作家とか漫画家連中はAmazonさまさまなのか。

 

なんかふに落ちないなあ。。あの作家漫画家連中は、中古で本を買うヤツらはバカだ、ぐらいの勢いだったんだぞ?

何いってんだよオマエ、古本は日本の文化じゃねえかよ?

テメーがくいっぱぐれるからってヒッシになってんじゃねえよ!

 

っていうか消費者ってのは本来自由なんだよ。安くていいものを貪欲に狙って買うのが消費者じゃねえか。それが何か悪いのか?

 

 

あ。。そういえば25年前ぐらいにもあった。。「テープダビング問題」

 

テープダビングだけでミュージシャンはキーキーいってたのに、今じゃダウンロードし放題じゃねえかよ!

 

この話の結論はな?わかる?「昔オレらはボられてた」ってことなんだよ。

だから今、ミュージシャンだの作家だの漫画家だのに、庶民が逆襲してんだよ。

 

ざまあみやがれ!

2015年1月 4日 (日)

コメントいれるヒマがあるヤツ

SNSで、いろいろ著名人の発言にさ、エッラそーにコメントいれてるヤツらってさ。。まずムカつくのはそのコメントのレベルが低すぎることなんだけど、まあそれはいい、おいといて。

 

エラそうにコメントいれるってことは、自分が権威だと思ってんのだろうか?っていうかね。

なーにをアンタ正論ぶちまけてるわけ?って。

いや正論ならまだしも単なるクレームであること多数。いや論理的なクレームならまだしもクズコメントであること多数。

 

ま一言でいえば「何様」。

 

たぶんさ、著名人の投稿にコメントいれれば、数千人、あるいは数万人が目にする可能性が高いから、だからやってんだと思うのね。

 

でもそれが致命的にアンタのバカさ加減をひけらかしてるんだよっていうことに、なぜ気づかないのだろうか?

そのあたりがオレは不思議でしょうがにないんだよ。同じ日本人としてw

 

2015年1月 3日 (土)

海陽ネタ

オレは海陽学園という存在に対して肯定的だよ。

だって、学校運営に個性があるもん。エッジが利いてる。

 

でね、私学の男子校の全寮制について、批判するヤツらがいるのよ。

批判するのはまあカンタンなんだが。。ほっときゃいいんだが。。ほっとけないんだな。

 

あのさ、そういうヤツって寮生活じゃなかった自分の青春時代のほうが良いと、自信もってるわけだよな?

でもアンタは今、ただの凡人だろ? 世の中に不満ばっかいってよ。

 

で、たとえば海陽の子らって、なんやかやで「アンタ」よりは日本を背負ってたつ存在になる「可能性は高い」わな。

つーかアンタの人生は終わってるもんな凡人で。伸びしろないもん。

 

アンタふくめ、青春時代を自宅通学でちゃらちゃらと過ごしたヤツのほうが、素晴らしい人生送れるんだな?

間違いねえんだな?

 

じゃあなぜ全寮制の学校が今、存在するわけ?

そのほうがいいからじゃないの?

 

親元でぐだぐだと生きるよりオレ、寮のほうがよっぽどいいと思うんだけどどう?

 

 

あ、そういうヤツらの反論として「人格がねじまがる」とか。。じゃあオマエは人格がまっすぐなのかよ?って。

 

ていうかさ、人格がねじまがったほうが政治家にはなりやすかったりしてw

日本を背負ってたつ人材を育てる、っていうエッジの利いた教育目標なんだから、いろいろそのための施策をやるだろうがそりゃ。全寮制もそのひとつ。

 

だからよ、批判すんなら、「日本を背負ってたつ人材を育てる」ための施策として全寮制はおかしいんじゃね?その理由は。。っていう批判の仕方じゃないとダメだよなあ。

 

 

ま結論いっちゃうと、「アンタそれ嫉妬でしょ」って。あそこに通わせることができる家庭への嫉妬もあるし、あそこを巣立っていく子らはけっこう日本の中心にいっちゃうんだろうな、それに比べて自分は、みたいな嫉妬もあるし。

 

そんなん言われたくないならアンタの人生、すばらしいものにしなよ。で、オレのほうが素晴らしい人生だって胸張りゃいいじゃんよ。まず自分だろって。

 

2015年1月 2日 (金)

トラウマ自己診断

トラウマ自己診断
前からこのブログや別な媒体等で継続して書いているとおり、オイラは「トラウマつくりたがり」みたいなヤツらが大キライだ。

自分が神経症のすれすれのところにいる、あるいは、実際神経症である(「けど、それをおして一生懸命働いてるんだよ!」)と大きなカンチガイをしている輩が非常に多い。

そう思い込んでいたほうが、いろいろ有利に働くから、そうしてるだけで。

なんか、ショックな出来事があったとして、「これ、自分のトラウマ認定!」と勝手に決めて、勝手に鬱っぽくなる。

ショックな出来事なんて、生きてりゃたくさんあるだろ?
なんでそれをいちいち「トラウマ認定」しなきゃならんのだよ。

ったく、そういうヤツらがタチが悪いのがさ、やけに計算高くて、神経症もどきをサボタージュの言い訳に使うところ。

神経症のくせになぜ計算高いのだろう?

2015年1月 1日 (木)

企業が放逐したいタイプの人間とは

企業が放逐したいタイプの人間とは
リストラとか肩たたきとか、そういうのあるじゃない。

でもさ、本当にその会社でしか通用しない深いスキル、技能を持っている人間を、そんなにカンタンに放逐はしないと思うんだよね。
なぜ放逐されるかというと代替可能だからでしょ。

代替可能な人間にならなきゃいいんだよ!
スキル的にも人間的にも。

そう、「人間的」って大事だよね。
カンタンにいえば「いい人」であること。

「いい人」であることが会社にとっていかに大事か、を認識してるヤツは少ない。

「いい人」ってのはお人好しじゃねえよ。いい人ってのは、「他人の手柄を褒め称えることのできる人間」だよ!
そしてその延長線上で、組織を鼓舞することができる人間のことなんだよ。

ま、それだけっちゃそれだけでしょ。

でハナシ戻すとさ、代替可能な人間ってのは要はコンビニのバイトレベルってことだ。世の中はどう思ってんのかしらんが、20年!会社づとめしてたってコンビニのバイトレベルのヤツって、ホントに、くっさるほどいるんだぜ。その事実ってけっこう隠蔽されてない?
首切りかわいそうとかぬかしやがるけどなー

そういうやつって、自助努力のカケラもしてねんだよ。コンビニのバイトレベルで20年給料もらえてきちゃったから。。哀れにもほどがある。

コンビニのバイトレベルってことはマニュアルがないと対応できねえヤツね。もうビジネス・シーンなんてこんなヤツばっかで。。(で、はっきりいわしてもらうと女子のほうがそういうヤツ多いからな!)

こういうヤツを企業は放逐したくてたまらないわけ。でもキモチもわかるよな。

で本題。その次なんだよ。その次に企業が放逐したがるのは。。
「スキルはあるけど、イヤなヤツ」なんだよ!
「いい人」じゃないってこと。

こういうヤツは目の上のたんこぶ扱いされてるし、そのことに気づいてないし、こういうヤツもあの手この手でリストラされてゆく。

まさに「使いずれー」ってヤツら! あのな、オマエら、自分にスキルがあるからって自分はぜってークビにならねえなんて思ってたら、ゼッタイヤられるからな! ま、ザマミロだけどな。

こういうヤツってそのネガティブな言動で組織の生産性もじわじわと下げてゆくから。ホント、会社にとっては病原菌みたいなもんだ。

イヤなヤツ、の定義は、いい人じゃない、ということは、他人の手柄をなるべく自分の手柄にしようとするヤツね。自分の手柄に実際しなくとも自分の手柄に「しようとする」も含め。

こういうヤツはね、日本の会社組織にとってはNGなんだわ。

« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »

ツイート

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ