« え、なんで家事労働ってガキの使いでいいわけ? | トップページ | 聞く力がない。 »

2015年1月17日 (土)

[重要]超・重要 この時代にもっとも反体制的な考え方w(3)

http://ameblo.jp/stevengerrardjp/entry-11379412343.html
なんか最近思ったんだけどさ。。(それが、この論を書こうと思ったトリガかもしれない)

それなりに中流の暮しをしてきたオレ(ら)に対して「もっとカワイソウなヒトタチガイル!」と吹聴してまわるバカども(テレビ)のせいで、感化されてしまって、まんまとオレの人生もいっかいカワイソウになったとするわな。

それ、どうしてくれんの? オレの人生がいっかいどん底に落ちたのはそいつらのせいじゃないの?

という問いかけは、無意味なんだが。。
なぜなら、オレがたとえばプライベートでどんなにどん底であろうとも、「カンボジアの難民はモットカワイソウ!」は変わらないから。この豊かな国、ニッポンにいる限り、この国にとどまって不幸なうちは、「発展途上国をみよ!」論理は適用されてしまう。

死ななければならないということだ。
そして日本は3万人が自殺する。まんまとそのバカどもの策略にハマって。

バカラシすぎる。3万人を自殺させといて、そのバカどもはまったく罪に問われない。
そのうしろには、100万人ぐらい、精神的な疾患になっているヒトがいるのかもしれない。

あらためていうが、日本人は身内のバカどもに足を引っ張られっぱなしなんだよ。

オレが(先進国における)不幸でいた頃、誰か気にかけてくれたか? ていうかオレが不幸だったことを知ってるか? 
誰も知らない。誰も気にかけてくれない。誰もが他の足を引っ張ることでいっぱいいっぱい。
嬉々として他人の足を引っ張り続けている。無限ループで。

オ レは1.5年前、周りのヒトたちと同様に、自分のことについてたくさんたくさん考えた。胃がいたくなるぐらい考えた。福島出身のオレは、田舎に残っている オレの親戚の不幸についてたくさん考えた。それに比べて東京に住んでいるオレはなんとのうのうと暮らしていることよ、と。

オレとオレの家族は「誤差の範囲」で、胃がいたくなったり、身体に不調をきたしたり、ちょっと不幸になった。

ごくノーマルな思考をもつ人たちは寝袋かついでゴールデンウイークにボランティアにいった。不幸になりにいった。周りが同調圧力で、不幸になれなれなれなれと脅したからだ。
多くの東京在住の彼らは被災地の光景を見、「誤差の範囲で」トラウマを抱えて帰ってきた。
あろうことか、自分の子供を連れていったヒトも多数いる。
家族で「誤差の範囲で」不幸になりにいった。

もちろんオレもゴールデンウイークに田舎に帰った。マシンガントークで親戚の愚痴をきかされた。その愚痴をきかされてオレも胃がいたくなった。親戚はオレの胃を攻撃しなければ気が済まない感じだった。

オレはそんなことはなかったが、早い段階で(興味本位で)被災地の光景をみにいった東京以西の愚民どもは、被災地をみた瞬間にある種のエヴァンジェリストになり、自分の家なり職場に帰って「布教活動」を始めた。「オマエもみにいったほうがいい!人生かわるから」と。

みにいくことを被災地側も望んだ。「一緒に不幸になろうぜ」と。そしてまんまと日本全体がダウナーになっていった。

そういえばオレはムカシから、「弱者強者」がダイキライだった。
ということを思い出した。「弱者強者」は攻撃しずらい。あいつらを攻撃するには策略が必要だ。

そういえばオレはムカシから、テレビがダイキライだった。
テレビは日本人を不幸にする。よけいな番組はみない。

オレはオレ自身と家族と親戚とその周辺と、ごく一部を幸せにすべく、毎日忙しいんだ。「オマエらバカども」にかまってられるか。

オレは福島出身だが、オレと被災地とは関係ない。
同じ日本人? だからどうした、オレの足を引っ張る、オレを不幸に陥れようとする日本人となんで連帯しなきゃならんのだ?

場合によってはオレはオレを幸せにしてくれそうであれば、ポジティブに、一緒に引き上がってゆけそうであれば、ガイジンとだって連帯するぜ。反日教育してる国はイヤだけどな。

« え、なんで家事労働ってガキの使いでいいわけ? | トップページ | 聞く力がない。 »

東日本大震災・福島原発問題」カテゴリの記事

ツイート

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ