« 五輪銀座パレードで思ったこと(古 (2) | トップページ | セキュリティとプライバシー »

2014年12月17日 (水)

嫉妬感情で足引っ張って人間の進化を遅らせるなよ

嫉妬感情で足引っ張って人間の進化を遅らせるなよ
たとえば。。

今の世の中でふつうに実現されてること、ケータイやスマホだったり、インターネット、PC etc。。

これらは、必ず、登場を予言する人間がいたのだ。
予言を受けて、デザイン、設計し、そしてプロトタイプができ、検証に検証を重ねて市場に出てくる。

そして、そのギア単体の登場を予言できる人間は、おそらく、そのギアがふつうに生活必需品となっている「世の中」もイメージできていたはずなのだ。(多くの場合)

「世の中」が成熟しないとはじまらないことも、ある。

でも、その「予言」の多くはクレイジーだのインチキだのいわれちゃうわけだ、最初は。
いわれるだけならまだしも、蔑まれたり、嫉妬するバカどもから実害をこうむったりすることすらある。
リアルバカからバカにされる。これほどハラの立つことはない。

バカから身を守るためにはある程度天然の要素は必要だ。
でもそんなに強くはなれない。だから、その予言の実現は、必然的に遅れる。

バカが人間の進歩を遅滞させてるわけ。ただの嫉妬の感情だけでね。

この世界は、そういうバカどもの嫉妬がなければ、とっくに鉄腕アトムやらドラえもんやらの世界になっていたかもしれないのに。

だから、これからの時代大事なのは、そういう予言に対して、ある意味放置プレイしてあげることだ。愚民は黙ってろって。何かを打ち破ろうとする人間に対して、なぜ、一言いわないと気がすまないのか。。 愚民なりの反抗なのか?

愚民の抵抗勢力がなければ、世の中の進歩はますます加速してゆくし、ますます豊かで、幸せ感を感じられる人間の割合が増えてゆく。

そう!愚民が抵抗しなければ愚民自身を癒すことになり、それも進化の一助となるんだよ。黙って見守るだけでいいんだからカンタンでしょ。ま、どっぷりハマってるヤツらにはわっからんだろうがね。

« 五輪銀座パレードで思ったこと(古 (2) | トップページ | セキュリティとプライバシー »

自虐的愚民論」カテゴリの記事

ツイート

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ