« TVをかばうんじゃねーよヴォケ | トップページ

2014年12月23日 (火)

「高貴」

「高貴」

高貴っていうのはそんなに仰々しい言葉ではないと思う。

我々庶民は、ただ働いているだけではダメなのだ。21世紀はそういう時代だ。「高貴」でいなければ庶民ではないという。。「庶民」の定義すらゆらいでいる。ムカシの庶民はただ働いていればよかった。働いて、お上の文句だけいってりゃよかった。
でも今の時代それやってたらただの「愚民」。

高貴っていうのは、「高貴な出でいらっしゃいますか。。」の高貴ではない。ただのありようのことで血統とかそういうもんじゃない。
それが自由ってもんだ。

愚民の定義いや、庶民と愚民の境界線(オレの考える)は、前にも書いたかもしれないが、「お上」、いわゆる「体制側」、官僚、政治家、マスコミなどからみて「箸にも棒にもかからない」集団が愚民。体制側が、「意見を聞いてみたい」と思わせるのが(新)庶民。

な ぜ、「意見を聞いてみたい」と思わせるのか? というと、それは「高貴」さで体制側にゆうに優っているから。ヤツらはヤツらで、生きるために必死であり、 ある意味悪魔に魂を売っている(済)。であるがゆえに、高貴さに引け目を感じるから「意見を聞いてみたい」と思わせるんだ。

最低限の生活 をするために社畜となって働き(あるいは、いつも文句いいながら専業主婦業をし)、家ではゴロゴロとテレビを見て芸能・サブカルにうつつを抜かし(マスコ ミの奴隷)、自分では何も変えられないクセに世の中に文句いってるばっかりの人間は、「体制側と同じレベル」だから、「意見を聞いてみたい」とは思われな い。同類だから。

庶民が庶民であり続けるためにやることは、言うのはカンタンだ。この平和で豊かな世の中に感謝して、文句はぐっとこらえる。自分の仕事を、今よりいっそう質を高める。

文句をこらえていては世の中は変わらないじゃないか、声を上げなければ! とカンタンにホザくヤツは多いが。

そいつらも薄々知ってるだろ。愚民一人がテレビの前で文句いったところで、あるいはネットに文句垂れ流したところで、世の中はなーんもかわらん。(ツイートしただけで「世の中に参加している!」と悦に入る馬鹿が大杉)

オレはこないだデモに参加したけど! と再反論してくる馬鹿もいるだろ。1回? 2回だけ? 官邸前で「野田やめろ」って叫んだだけ? それで世の中変わるとでも思ってんのか?

何も世の中が変わらんのならば、文句を垂れ流すよりもぐっと黙っていたほうが1万倍いい。

庶民と愚民の違いはもうひとつ。後者は自身の器を知らない。いや、知っていても知らぬふりする。根拠のない万能感。(ネットにつながってるだけである種の万能感がデフォルトでセットされるから、困るんだ)
後者は「足るを知る」とか「礼節を知る」とか、いろいろあるけど、みんな知らない。みんな知らないふり。

庶民は、遠回りしかできんのよ。自分の仕事を一生懸命やる。質を上げる。それだけなんだよ。
ショートカットしたい、目立ちたい輩が誰も推挙しないのに政治家なんぞになりやがる。器の小さい庶民が政治家になろうとする時点で愚民なのよ。

そう、「カンチガイ」するのが愚民。自分の立場をわかっているのが、庶民。

そして、家族を持つものは未来に向かって子供を育てる。未来にオトナになる子なんだから、現代の目線だけじゃダメなんだ。未来を見据えた子育てじゃないと。

« TVをかばうんじゃねーよヴォケ | トップページ

自虐的愚民論」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/597479/60716074

この記事へのトラックバック一覧です: 「高貴」:

« TVをかばうんじゃねーよヴォケ | トップページ

ツイート

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ