« ゼッタイ的に、「ユーモア」と「余裕」がない。 | トップページ | RightWing »

2014年10月27日 (月)

絶対合わない店だって行くよ。

絶対「合わない」と思われる店(ブログとか食べログとかの情報戦で)でも、一度はいってみたいし、けっこう行ってる。

 

絶対合わない、という点で惹きつけられているということだからね。なんかあるんだよ。

 

ふつーに魅力がない店は、まったくスルーされちゃって、印象に残らないんだから。

 

 

なぜ、行くか?ってまずは、行かないと文句も言えないからw

 

次に、オレが「合わない」と確信する店ってけっこう、「うまけりゃそれでいーだろ」的な? 接客二の次みたいな店が多いのよ。

でさ、悔しいんだけど、接客とか店としてのトータル満足度がどうあれ、「かなりうまい」んだったら食べてみたいじゃん。

 

一回でいいんだけどね。

 

まあつまり。。「虎穴」なんだよね。

 

で、いってみて、95%ぐらいの確率で「やっぱり」オレには合わない店であった、と確信して、店を出る。

でもおいしいものを食べさせてもらったのならば(接客も悪いどころかおいしいものを食べさせてくれない店もあるが!!)、礼を言う。

一期一会であれば、礼節は欠かさずにな。互いに。

 

 

あ、そうそう。

「合わない」と確信する店って常連が巣食ってんだよね。いや~な感じの常連。

 

オレがラーメン屋にあんまりいかなくなったのは、「丼は上へあげてください」っていう命令形の貼り紙にキレたってのもあるけど、もうひとつの理由は常連。

あ、カレー屋も寿司屋もそうなんだよ。

 

ヤツらこそが、店の雰囲気を悪くしている元凶。いわゆる「●オタ」ね。

店長を神のように祭り奉っちゃってさ、気持ち悪いことこの上ない。そういうヤツらには「自分」がない。

 

あと二郎系にいくと8割ぐらいデブじゃん? オレ、デブにはなりたくないから。

だから、ラーメン屋って寄り付かなくなったわけ。

 

体型も含めて「常連」型人間ってのはオレのゼッタイ反面教師であるから、そういう場にいるとそういう人間の空気すっちゃうから、いかない。

« ゼッタイ的に、「ユーモア」と「余裕」がない。 | トップページ | RightWing »

myウラミシュラン」カテゴリの記事

ツイート

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ