« 弩!シルバー人材に物申す! | トップページ | 絶対合わない店だって行くよ。 »

2014年10月26日 (日)

ゼッタイ的に、「ユーモア」と「余裕」がない。

リーマンと、「若くない」女性たちの行動をチラ見していて感じるのは、ゼッタイ的に、「ユーモア」と「余裕」がない。

 

なんでだろ?

 

カネは、じゃかすかではないにでよ、そこそこ生きていく分はあるはず。(でなければ昼間そのへんを、それなりの格好で歩いていないはず)

 

ネット上ではね、いろんな「階層」の人間がいるだろうから。引きこもりやらニートやらリアル世界不適合者がが跋扈できる世界だから(そういう世界キライ)、現実世界に輪をかけて、ヒッシにネガティブな書き込みしてるヤツらに「ユーモア」も「余裕」もないのは、わかる。

 

だって逆にそういうヤツこそネットに沈溺してるんだから。ネガティブなヤツが(度を超さなければ)パージされないんだから、ぬるま湯すぎるよなあ?

 

 

「毒」に対する耐性がないんだよな、まず。「毒」とは、「行き過ぎたユーモア」と言い換えてもいいよ。

 

「毒」に対して激高するじゃん? それってさ、けっこうバカを露呈してんだけど、それに気づかない。

 

学歴高くともバカはバカだから。

 

「毒」に対してユーモアで返すセンスもない。そのつもりもない。

イコール「余裕がない」。

 

なんでだろ?

 

ちょっと話違うかもしれんけどこういうヤツらって信じらんないぐらい超・権威主義なんだよな。

 

たとえば「毒」の話だけども、ビートたけしさんやらダウンタウンの松本さんやらが毒を吐きまくっても、たとえそれが、まるで自分のことを刺しているように感じたとしても、手放しで礼賛する。

嬉々として受け入れる。

 

なぜなら、権威主義者だから!

 

一方、自分と同じ「階層」の人間が発する「毒」に対しては容赦ない。

 

どこまでも追っかけて反撃する。(ヒマすぎ。生活に「余裕」ないクセになんで「時間」ばっかり有り余ってんだ?アホらしい。)

 

 

と、いうわけで、オレはいつも反面教師には事欠かなくて、いつでも「そういう方面のヤツら」を反面教師としてセットしてきたから。

こういうヤツらにはたまには感謝しないとなあ。

 

« 弩!シルバー人材に物申す! | トップページ | 絶対合わない店だって行くよ。 »

自虐的愚民論」カテゴリの記事

ツイート

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ