« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »

2014年10月

2014年10月31日 (金)

二枚舌つかうなよ?

二枚舌つかうなよ?

エコもそうだけど。。違法駐輪駐車にうるせーバカども、いるよな。

あのな、まさかオマエ、自分のプライベートではやってねえだろうな? 違法駐輪。


いや、プライベートでは、そういうヤツって、ちゃんとしてるかもしれんな。問題は、そういうバカどもが仕事上でちゃんと潔白か?と。

てめー上司の命令でもちゃんと筋通して、「自分はこういう主義だから」といって、断るんだろうな?
じゃなきゃ、一般ピープルに対してぎゃーすか文句ばっか、いえねえよなあ??

「仕事のときはしょーがない」と開き直るバカが、あまりに多くて。。仕事のときの人格は自分じゃねえってか? フザけんなよ? オマエ。

社用車使うヤツは、まさか違法駐車なんかしねえよなあ? どんなに急いでても。


その、勤めてる会社自体が公害まきちらしまくりの、社会に大迷惑の会社だったりするのに、そこに勤めてるヤツらはその事実に目を背けて、プライベートではエコピープル気取ったりする。オレには責任はない、と。。
そういうバカ。

なんか最近ってさ、二枚舌使うバカがけっこう多くて。。それが、昭和の時代からそうだったのか、それとも最近増えてきたのかは、わからないんだけど。

2014年10月30日 (木)

あれこれ評論するのはみんなサラリーマン

あれこれ評論するのはみんなサラリーマン

オリンピックで如実にわかるんだけどさ。。

膨大な情報、テレビだのネットだのから浴びるようにゲットして、それをベースに翌日の昼休みに語るわ語るわ、サラリーマン。

評論家目線。

語るのはさ、まだいいんだけど、カンタンに批判するよね。「あれは勝てた」とかさ。バカじゃねえの? って思う。

あとは、たとえば、今日の夜決勝ですと。そういうとき、ふつうのサラリーマンは「負けるよなー」っていう。

それが、サラリーマンの思考回路。
「ふつう」は「がんばってほしい!」だろうが。
どうせオイラたちは結果に責任なんてとれねーんだから、だったら素直にアスリート応援すりゃいいじゃん。


サラリーマンってさ、存在自体が安全圏なんだよね。誰が語っても「安全圏から語る」になっちゃうんだよ。

ただ応援してりゃいいものを。。オマエのその「ひとことコメント」なんて誰も待ってりゃしないから。そしてそれもネットの受け売りだろうが。


ま、だいたい運痴なんだよね、語るヤツらは。みもふたもない。

2014年10月29日 (水)

10回中2回、鬼の首をとる

10回中2回、鬼の首をとる

「5年前の怒り」シリーズ

自分は、なんでもかんでもぱっぱとやってしまわないと気がすまない習性がある。という自覚を持っている。

ぱっぱとコトを済ませると、おおよそ世の中はうまくいくが、たまに早とちりだったり、軽く失敗することがある。

そういうときに、いつか逆襲しようと待ち構えているヤツらにまんまと逆襲を食らう。「ほーれみたことか」「そんなに急いでどうするの」「明日やれることは明日やればいーじゃん」
etc。。

そういうとき、そういうヤツらはエラそうだが、そういうとき以外は黙っている。そして、そういうヤツの周辺では世の中はそれほどうまくいってない。

ぱっぱとコトを済ます自分は10回中2回ぐらい軽く失敗する。そういうヤツらは10回
中2回ぐらいしかコトがうまくゆかない。

それに、コトを前倒し前倒しで済ませていると、失敗は軽いものしかない。それを世の中の大部分の人間は気付いていない。

自分の生活で、コトがうまく進まない理由をホンキで考えたことがあるのだろうか? それは自分のせいであるということに正面から向かい合っているのか?
いや、向かい合っているわけはないんだけど。。


ところで、自分みたいな性格の人間が10回中2回ぐらい、軽く失敗するとすぐに食い
つくトロいヤツらはたくさんいるが、トロいヤツらが10回中8回失敗したって、それにいちいち食いつくのはホントに時間のムダだから、自分は無視する。

という意味では自分のほうがオトナじゃん、という感じはするけどね。
でもそれが、やつらをノサばらせている原因なのかもしれない。

これが由々しき問題だということに気付くべきだとは思うね。
でも、説明してもさっぱりわからないんだろうな。

2014年10月28日 (火)

RightWing

RightWing

右翼ってホント死ぬほどキライ。絶滅してほしい。

だってさ。。なんか気に食わないことがあると、「てめー街宣車まわしたろか?」だよ?

そんなヤツらが集まる吹き溜まりなんだよ。そんなヤツらに街頭でエラそうに演説ぶたれたって、聞くかヴォケ!こちとら忙しいんじゃ!つー話で。

こっちは必死こいて働いて家族養ってんだよ! そんな中でてめーらがやってることは、年がら年中恐喝だろ? 子供に誇れる職業か? それが。。

弁がたたないからいわゆる「暴力装置」を持たなきゃ存続できねえんだろ?
そんなの、一般市民じゃなくて権力に立ち向かっていけよ! 市民かまってるヒマなんかねーだろが!

2014年10月27日 (月)

絶対合わない店だって行くよ。

絶対「合わない」と思われる店(ブログとか食べログとかの情報戦で)でも、一度はいってみたいし、けっこう行ってる。

 

絶対合わない、という点で惹きつけられているということだからね。なんかあるんだよ。

 

ふつーに魅力がない店は、まったくスルーされちゃって、印象に残らないんだから。

 

 

なぜ、行くか?ってまずは、行かないと文句も言えないからw

 

次に、オレが「合わない」と確信する店ってけっこう、「うまけりゃそれでいーだろ」的な? 接客二の次みたいな店が多いのよ。

でさ、悔しいんだけど、接客とか店としてのトータル満足度がどうあれ、「かなりうまい」んだったら食べてみたいじゃん。

 

一回でいいんだけどね。

 

まあつまり。。「虎穴」なんだよね。

 

で、いってみて、95%ぐらいの確率で「やっぱり」オレには合わない店であった、と確信して、店を出る。

でもおいしいものを食べさせてもらったのならば(接客も悪いどころかおいしいものを食べさせてくれない店もあるが!!)、礼を言う。

一期一会であれば、礼節は欠かさずにな。互いに。

 

 

あ、そうそう。

「合わない」と確信する店って常連が巣食ってんだよね。いや~な感じの常連。

 

オレがラーメン屋にあんまりいかなくなったのは、「丼は上へあげてください」っていう命令形の貼り紙にキレたってのもあるけど、もうひとつの理由は常連。

あ、カレー屋も寿司屋もそうなんだよ。

 

ヤツらこそが、店の雰囲気を悪くしている元凶。いわゆる「●オタ」ね。

店長を神のように祭り奉っちゃってさ、気持ち悪いことこの上ない。そういうヤツらには「自分」がない。

 

あと二郎系にいくと8割ぐらいデブじゃん? オレ、デブにはなりたくないから。

だから、ラーメン屋って寄り付かなくなったわけ。

 

体型も含めて「常連」型人間ってのはオレのゼッタイ反面教師であるから、そういう場にいるとそういう人間の空気すっちゃうから、いかない。

2014年10月26日 (日)

ゼッタイ的に、「ユーモア」と「余裕」がない。

リーマンと、「若くない」女性たちの行動をチラ見していて感じるのは、ゼッタイ的に、「ユーモア」と「余裕」がない。

 

なんでだろ?

 

カネは、じゃかすかではないにでよ、そこそこ生きていく分はあるはず。(でなければ昼間そのへんを、それなりの格好で歩いていないはず)

 

ネット上ではね、いろんな「階層」の人間がいるだろうから。引きこもりやらニートやらリアル世界不適合者がが跋扈できる世界だから(そういう世界キライ)、現実世界に輪をかけて、ヒッシにネガティブな書き込みしてるヤツらに「ユーモア」も「余裕」もないのは、わかる。

 

だって逆にそういうヤツこそネットに沈溺してるんだから。ネガティブなヤツが(度を超さなければ)パージされないんだから、ぬるま湯すぎるよなあ?

 

 

「毒」に対する耐性がないんだよな、まず。「毒」とは、「行き過ぎたユーモア」と言い換えてもいいよ。

 

「毒」に対して激高するじゃん? それってさ、けっこうバカを露呈してんだけど、それに気づかない。

 

学歴高くともバカはバカだから。

 

「毒」に対してユーモアで返すセンスもない。そのつもりもない。

イコール「余裕がない」。

 

なんでだろ?

 

ちょっと話違うかもしれんけどこういうヤツらって信じらんないぐらい超・権威主義なんだよな。

 

たとえば「毒」の話だけども、ビートたけしさんやらダウンタウンの松本さんやらが毒を吐きまくっても、たとえそれが、まるで自分のことを刺しているように感じたとしても、手放しで礼賛する。

嬉々として受け入れる。

 

なぜなら、権威主義者だから!

 

一方、自分と同じ「階層」の人間が発する「毒」に対しては容赦ない。

 

どこまでも追っかけて反撃する。(ヒマすぎ。生活に「余裕」ないクセになんで「時間」ばっかり有り余ってんだ?アホらしい。)

 

 

と、いうわけで、オレはいつも反面教師には事欠かなくて、いつでも「そういう方面のヤツら」を反面教師としてセットしてきたから。

こういうヤツらにはたまには感謝しないとなあ。

 

2014年10月25日 (土)

弩!シルバー人材に物申す!

あのさ、これ1回書いたかもしんないけど

 

客先に早くいくと、8時過ぎぐらいからシルバー人材の人が同じユニフォーム着て、オフィス内清掃やってるわけね。

 

それがさ、醜いわけよ。こういう現状ってつまびらかにしたほうがいいと思うんだけどな。

 

あのね、アンタらが60歳まで何して働いてきたかなんて、もう過去のことだからオレはもう知らんっつーの。でも今はこうしてシルバー人材で清掃業務に従事してんじゃねーか。

 

従事してんなら腹くくってちゃんとやりやがれ!

 

オレのいいたいことは、それだけだ。シルバー人材ってのはオレの人生の先輩にあたるわけだが、ヤツらまったく尊敬できん!!

 

 

会社の始業が9時からだとして、8時にいくとさ、まさに清掃の真っ最中なわけね。でもさ当然会社だから、早くきて仕事始めてるその会社の社員さんいるじゃん。

 

お客さんいるのにそんなのおかまいなしにべちゃくちゃべちゃくちゃ。。女性じゃないよ、シルバーの男性だぞ?

 

客商売ナメてんのかよって。

 

あとさ、廊下歩いてるとアンタらジャマだよ!動きもトロいし。お客さん(オレもお客さんに該当するだろたぶんw)が廊下歩いてんのになんでとうせんぼすんだよ清掃業者が!!!

 

 

で、何しゃべってるかっていうと。。オレはこんな仕事やってるような人材じゃねえんだ的な? だったら死ねば?って。もうどこからもお払い箱だからそこにいるんじゃねえの?実際。

 

その清掃業務が、自分の器だと思って、粛々といい仕事してるじいさんがね、いじめられってわけでもないんだけど、とにかく「声がでかい」バカがさ、おとなしいじいさんに文句ぐちぐちいいながら仕事してるわけよ。

 

「じいさんの二極化」がひどすぎる。おとなしいじいさんは長生きしてほしいけど、何でオレがこんな仕事しなきゃいけねえんだ的なスタンスでシルバー人材にいるヤツは早々に隠居するか三途の川方面へいってくれ。

 

だいたいなんでオマエはそこにいるのだ?ぜひやらせてくださいっていう体で面接してもらってそこにいるんじゃねえのか?だったらつべこべいわず働けっての。

 

ヒドいのは「最近の若者」じゃなくて最近の年寄りじゃねえの?

 

2014年10月24日 (金)

レベルの低いヤツ

弱そうなコンビニの店員とかさ、昔だと(今でも?)牛丼屋の店員とかね。

そういうヤツに「だけ」強くなれるヤツっているんだよね、未だに。

 

もうそんな時代じゃねえのに。。

 

で、いかつい居酒屋のにーちゃんとかが相手だとからっきしなわけね。

つまり、常に相手をみてるわけ。

 

カッコわるすぎる。

 

女性のみなさん、そういうヤツとは絶対に!結婚しないほうがいいよ。

そういうのって付き合ってみるとわかるから。逆にいうと付き合わないとわからない。

そういうケがあったら、即別れろとはいわんが、結婚まではいかないこと。約束して。

 

そういうヤツって人間としてのレベルが低いから。

だってさ、結婚したらふつーに子供が生まれちゃったりするじゃん?

 

そういうレベルの低い遺伝子が子供に伝わるんだよ? それってイヤだと思わん?

 

 

あ、そうそう、男子側でいうとさ、ウラオモテがある女性か。。

これはね、上述したような男子を見分けるよりも、難しい。。

 

でもさ、付き合ってみて、会話の中で、なんかグチが多くないか?って思ったらその人と結婚するのはやめたほうがいい。

だってさへたすると50年とか、そのグチきかされんのよ? イヤじゃない?

 

2014年10月23日 (木)

集団的自衛権の話

集団的自衛権の話ってさ、もちょっと議論したほうがいいと思うんだけどなあ。

 

いくつか腑に落ちない点があって。

 

まず国民は、安部総理に「リーダシップ」を求めてたんじゃないの。

民主党がふにゃふにゃだったから。

 

リーダシップが強い人ってけっこう「豪腕」だよね。

豪腕に喝采を送る男子は多いよ。仕事でもね。

 

つまりねあの人が首相になったとき国民はけっこう快哉を叫んだぞっていうこと。それ忘れんなよって。

 

次に、世の中の主婦連が、子どもたちを戦争に送るな、とかいってる点ね。

「自分の子供を」じゃねーんだよな。「子供たち」ってなんだよ。

 

 

次に、世の中のふつーの人たちって、日本が自分の国の憲法をアメリカに押し付けられたことについてどう思ってんのかってことね。盲目的に戦争ハンタイしてるヤツってこの件についてあんまりコメントしないよな。あるいは「むかしのことだからもういいじゃん」で逃げる。

 

憲法第九条大好きらしいんだが、昭和20年代には世の中の趨勢をして、一般庶民も自主憲法制定を願っていたらしいんだわな。サヨクもな!

 

オレ個人的には憲法第九条ってキライだけどね。

 

もし昭和30年代前半とかに憲法改正されてたら、戦争永久放棄とかにはならなかったろうなあ。。

 

 

 

で、最後にね、日本は、尖閣占領されたりとか中国と交戦状態になったとしたならば、「アメリカさま助けて~」っていうことになって、シブるアメリカに何百億とか、あるいは兆単位の金を融資して、一緒に戦争することになるんだが。。

 

それ、わかってる? それを、日本という国が、望んでいるっていうこと。自分らの「軍隊」じゃかなわないかもしれないから、「アメリカさまの若者たち、血を流してよ~」ってお願いするんだぞ?

 

でね、当然あちらさんからすればさ、そんなに言うんだったら、こっちが「助けてよ」っていったら助けてくれるんだろうな? って、圧力かけてくるわな。

 

つまり、トレードオフだよ。東アジアの緊張が高まって、日米安保が適用される可能性がホンキで高まってきてるから、日本も具体的なネゴシエーションを始めないといけなくなってきてる。

ケツに火がついてるんだよ。

 

世の中の主婦連は、北朝鮮から爆弾が飛んできて日本の「子供たち」が死んだり、人民解放軍が日本に上陸して若い女性たちをレイプしたりしたら、どう反応すんの?

それでも戦争ハンタイなのか?

 

 

あと、ちょっと関係ないけど、韓国はあんなに日本を敵対してるってことは、韓国に有事が発生したら「絶対」日本に頼らねーんだろうな?

 

有事になったら即「助けてくれるのがあたりまえだろ」っていうトーンになったら、ムカつくよな。

2014年10月22日 (水)

ずっと考えていること

ずっと考えていること

オレはいつも、こう思ってるっていう話。そして常に、冷静な反論を求めているが、くるわけもなく。

男子と女子では、仕事に命かけてる割合は男子のほうが高い。

特に女子で、専業主婦やってるヤツに「職業は?」と聞くと、「『いちおう』専業主婦で。。」と言う。ということは自分の職業が主婦業であるという自覚をもってはいる、と。

「いちおう」などというヤツは200%仕事(主婦業)に命かけてない。
アタリマエのことだ。


で、この論の前提として、オレは仕事に命かけてるヤツを尊敬している。ふつうの男性だしね。

専業主婦は仕事に命かけてるヤツを尊敬しない。なぜなら仕事に命かけたこともないから。当事者になれない。

自分の仕事を卑下することを止めはしないが、まず、その仕事を自ら選択したのだということを忘れんなよって。

だーれもあんたに専業主婦であることを強制なんかしてやしない。このご時世で。だーれもあんたを家にしばりつけてない。あんたがみずから自分の身体をしばったんだよ!!!

それ、わからんかなあ。。


今、つまんないことを誰かのせいにする。あわよくば国のせいにする。とにかく何かのせいにする。制度とか。

失われた20年とやらで、主婦業の品質が大幅に下がってんだろう。
女性は大幅に社会進出しているはずなのに日本の景気が回復しないのはなぜだ?

働く男性を支える女性が消失し、同じように、社会に進出してきている女性を支える男性もおらんのだろ。どっちも、中途半端なんだろ。

70歩ゆずって主婦業が単調労働だとするならば、本当に単調労働で家族を養っている男衆に対して、失礼だと思わないんだろうか。

それとさ、「じゃああんたは何になっていたら幸せだったんだい」と聞くと、なんかくっだらねえ横文字職業とか言い出すんだけどさ、あんた、ホントにその分野の才能あったのか? なんか自意識過剰じゃねえの? って思うこと多数。

主婦を選んだ(何度でも書くけど、女性は主婦に「させられる」のではない!自ら選んでいるのだ)人の幸せっつーのはな、はっきりいうけど、諍いのない「ほんわかした」家庭だよ。そして、協力的な(主婦にとって「都合のいい」)旦那と子供が存在すること。

だったら、旦那と子供をそういうふうに教育しろよ! 「洗脳」といってもいいかもしれんが。
そして「そういうふうに」というのは、ゼッタイ、あんたの「都合のいい」人材に仕立てるということなのだということを忘れないように。キレイ事ばっかり語ってんじゃねえよって。

そういう旦那と子供をゲットするためのもっとも近道は、あんたが死ぬ気で主婦業に専念することなんだよ。その逆説的な事実に気付くべきだ。
まぁ1000人に一人も気づかないだろうな。

主婦業に死ぬ気で専念するというのは、その会社、じゃなく家庭の「社長」になるってことだ。

「経営」するんだよ。家庭の雰囲気づくりも立派な社長の仕事だろ。家庭の雰囲気をよくするためにはまず自分が笑顔でいるこった。

2014年10月21日 (火)

社会資本

社会資本

まあ、とかくこの国は豊かなわけです。
で、ヒトビトが、やりたい仕事(これが、社会貢献なり「義務の遂行」につながってゆく)を精一杯やれるための「社会資本」なわけでしょ。

俗っぽくいえば、やりたい仕事の給料が安くともさ、一生懸命やるから、国で福祉とか充実させて、なんとか生きてゆけるようにさせてくれよ、と。そんなに、ゼイタクな生活はのぞまないから、と。

「やりたい仕事」の給料なんてタカが知れてる。カネなんて、法スレスレぐらいまでいかないと稼げないもんだから。

水道とか、生活インフラの使用料金が、人間にとって必要であればあるほど安く抑えられているのと同じだ。


なぜかわからないけど、ヒトビトの「やりたい仕事」は社会性を強く帯びてくる。つまり、仕事によりヒトの役に立ちたい、喜ばれたい、ホメられたい、と強く願ってるわけさ。

いや、それはそれで、すばらしいことだと思う。
でも、ヒトの役に立ったところで金銭はほとんど発生しないんだ。だから、「役に立ち度合い」によって自治体なり国からの支援がほしいわけ。それは、ロコツにカネを配る、じゃなくてもいいんだよ。

でもさ、ゴク潰しで世の中の役に立ってないヤツらよりは優先的に社会資本の恩恵を受けてもいーじゃんよ。
その考えはおかしいか?


今、社会資本ってのがさ、グータラに、ただ漫然と暮らしているヤツらのために安易に浪費されてるような気がしてならないのよ。
自立して生きているヒトたちに対する恩恵がないんだ。
これが、ゼッタイにオカしいと思ってるんだ。

カンタンな話で、ぐーたら生きているヤツらには「健康で文化的な最低限度の生活」で十分なんだ。

自分の足でしっかり生きているヒトたちには、それをはるかに越えた「豊かな生活」を享受できるよう支援してほしいわけだ。
それだったら、社会資本、社会インフラだって差別化していーじゃねーかよ。

税金を納めた額により享受できるインフラのレベルに差をつけたっていーじゃねーか。

2014年10月20日 (月)

「ずる~い」って

オレが充実した人生を送っている(ようだ)となぜか家族から、

 

「ずる~い」って声が聞こえてくるんだよなあ。

 

いわく、オレだって学校大変とか、僕んとこたたいてくる子がいるとか、主婦もいろいろママ友の付き合いで大変だとか。。

 

うるせーよ。

 

自分らで解決しやがれボケが。

 

オレの人生はてめーらより数倍強い「圧」が常にかかっている状態で、それに対して文句もいわず(家族に対しては、ねw)、その前提で充実した人生送ってんだよ!

 

何よりも強い「圧」はてめーらを養うことじゃねえか!

そのために外で下げたくもないアタマ下げてんだってば。

 

ま、そんなことも言えず。。(笑)

 

こっちはけっこう「一定」を保ってるんだよね。なるべく感情が高ぶらないように。機嫌が乱高下しないように。

 

そのくせヤツらは、好き勝手乱高下しやがるから、そのたびになだめたり、外食さそったり、なんか買ってやったり。。

あるいは家事の手伝いを多めにしたり。。

 

なんでオレが機嫌とらにゃあかんのだ!テメーらがオレの機嫌とれっつーの。

 

 

あのさー、そもそもテメーらの心の持ちようをテメーらで変えやがれって話なんだよ。

どんな現場にいても学校にいても「圧」はかかるだろうが。いいヤツばかりじゃねえだろ周りは。

 

そんな環境でうまく泳いでいくんだよ!なんかあるたびに一喜一憂してるバカども。


2014年10月19日 (日)

客のほうを向いてない

客のほうを向いてない

これも何回か書いてるネタなんだけどさ、てめえのそのこだわりなんざ客のオレにはこれっぽっちもいらねんだよ! っていう店が多いんだよ。

ただのマスターベーションね。

ひとりよがりなマスターベーションやりたいがために店をやってるっていう。


たとえば一品にものすごく時間かかるとかさあ。そんなことより早くもってこい、とかね。

そうそう、そんなことより、たとえば、一皿に命かけてますから、と言い訳してサービスをないがしろにするバカ、多いよね。そういうヤツキライなんだよね。

そういうヤツの料理ってクやしいけどけっこうおいしいからね。。だって命かけてんだからアタリマエだろっての。ニコリともしねえヤツに供される料理ってどうなのよって。

2014年10月18日 (土)

アワレなヤツら

アワレなヤツら
たぶん何回か書いているのだろうが、とにもかくにも「マズい」としか感じることができない感性をもつヤツらは哀れでならない。
そういうバカに限って、料理がヘタくそだった母親の手料理を唯一無二の基準として信奉してたりするし、結局似たようなヨメさんもらうわけだな。

外で、けっこう有名な店をマズいマズいとこきおろしておいてウチのヨメの手料理は絶賛する。しかもそれがリップサービスじゃなくてマジなんだよ。だってさ、そもそも味覚が狂ってんだから。

そういうヤツがネットの「場」を荒らすわけだ。ただ文句つけたいだけのヤツってネットのいたるところにいるけどなあ。

で、具体的な話なんだけど、たとえば築地にはうまいもんなんかねえと断言する自称「市場関係者」がいるわけよ。おいおいオマエ、市場で生きてる人間たちを小馬鹿にしてんのか? と。

築地にはうまいもんたくさんあるよ!!冷静に考えろよ。確かに、実力以上の評価をされている店は、たくさんある。でも、実力があるのに評価をされていない実力店もたくさんあるのが事実だろうが。

ただの文句つけたがりはゼッタイ幸せにはなれないんだが、それが完全にそいつの自業自得だということすら、知らないわけだ。

2014年10月17日 (金)

クスリ常用注意

クスリ常用注意

クスリでもサプリでもなんでもいいんだけどね、たとえば「1日三回、2錠」とか書いてあってさ、それだけならまだしも、書いてあるとおりに服用しないと効 かねえからなオラァみたいな感じでプチ脅し文句が書かれていたとするならば、そのクスリなりサプリはゼッタイにあやしい。

誰でも知ってると思うけど、クスリでも食料でもさ、ユーザが減らしてくれないと、売れねえんだから。せめて月に一回ぐらいリピートしてくんないと、その会社ツブれちゃうわけよ。

だから、別に隔日であっても効果はぜったい出るはずなのに「一日三回服用してくださいね!」といわざるをえない。

あのなあ。。その会社の言われるがままに服用してたら。。はっきりいうけど、早死にするぞワレ。

死んじゃったら、もう訴えることなんざできないぞ。だから自己防衛してかなきゃならんのだ。


別にクスリだけじゃないよ。オイラはね、「コメ」すら信じてないから。
コメを毎日食え!っていう圧力は、はっきりいってアヤシすぎる。あのバカども、コメを毎日食べないと「日本人として失格」ぐらいに言い出すからな。

いっぺん死ね!テメエよりはよっぽどオイラのほうが日本国に税金納めてるっての。

べーつに麺だけの日があったっていいじゃんよ。朝パン、昼そば、夜パスタ、みたいな。
それをやっただけで国賊か? ふざけんじゃねーよ。

ま、それはおいといて。。


だいたいさあ、なんでも個人差があるだろって。たとえば感冒薬は一日に3回、一回2錠飲みなさいとか書いてあるけど、「あくまで目安」だろうが。それを強制される筋合いはねえんだって。

そんなの、男女差、年齢、それどころか、それぞれのその日の体調で、ベストな服用量はかわってくるんだから。そんなのあたりまえだろっての。

あー、なんでオレがムカついてるかって、いつもどおりというか、あの命令が「上から」だからなんだよね。

あとさあ、なんか陰謀っちゅーか、>軽く依存症にさせるつもりか?オマエら。って、思うことが多々あるんだよねえ。野菜だろうが肉だろうが食品だろうがクスリだろうが、だよ、オレらを依存症(つまりは「中毒」だわな)にさせようとする動きについては常にセンシティブにならにゃいかん。

2014年10月16日 (木)

お国のために死ぬ義務が若いヤツらにあるってのか?

保守のジジイどもに辟易すんのはね、国のために死んでくれって年寄りが絶対安全圏から、そして「上から」ほざくことだよな。

最近けっこう、若い人たちが「日本大好き」になってきてるからそれをいいことに、「日本好きなんだろ~?だったら義務果たせや!」

ってオマエな、お国のために死ぬ義務が若いヤツらにあるってのか?

 

まずテメーが散り際よく死ねよって。別にお国のために死ななくともいいから、既得権益すべて手放して潔く死ねや。見本見せろや。

 

 

高度成長期とバブルを通過してきた世代って、なんだろ、オレたちより日本LOVEなのかねえ?

日本至上主義といおうかねえ。実際問題アメリカは別格としても経済世界第二位だった時代に生きていたわけだし。

ソニーがアメリカを買収してJapan As No.1なんて言われてた時代でしょ。愚民がおごり高ぶるのもしょーがねーかなって気はするけどアンタ、今は違うがな。

 

その頃はうす甘いサヨク(革新)だったのかもしれないけど歳をとって保守回帰してきたのかな?(強引に)

 

日本で生まれ育った人たちは例外なく日本好きでしょ。でもそれは小林よしのりさんいうところの「パトリオティズム」でしょ?

日本が世界一豊かで恵まれているから好きだってわけじゃないじゃん。

 

貧乏な国であっても、その国に愛国心を持ち、その国が好きな人はたくさんいる。そんなのあたりまえのことだ。

 

日本は、自然は豊かだし、「国柄」としてはもしかしたらホントに世界最高レベルかもしれないけど、あのねえ、アンタらだよ問題は。

国民の質はどうなんだって。政治家みりゃわかんだろ。

 

国民の質が悪いから世界一じゃねーんじゃね(笑)? そしてそれは若者のせいじゃねーぞ。頑固な保守ジジイが融通きかねーからかもしんないじゃん。

 

保守のジジイどもが大きすぎる勘違いをしているのは、戦前の教育に近い方向性に戻せば、日本国民は素晴らしい民族に「戻る」と思い込んでるとこね。

 

あのなあ。。教育を「退化」させたらオマエ、民族も退化するに決まってんだろ!

 

あー、書いててよくわかんなくなってきた。

 

2014年10月15日 (水)

なんで暴漢にオレが?

電車を舞台に何か事件とか惨事とかがあるとさ、必ず「良識派」気取りのバカが騒ぎはじめる。

 

ほとんどが傍観者への批判ね。なんで周りで見てんだ、と。何か事件が起こっていたり起こりそうだったら何か行動しろ、と。

 

オマエ、バカじゃねえの?

なんで「このオレが」、電車に暴漢がいたら立ち向かわなきゃならないわけ?

 

あるいはその場で連帯を組めとでもいうのか? 電車ん中なのてオレと同等かそれ以下の民度のやつしかおらんのだぞ。連帯なんてするわけないだろが!

 

なんで、第三者が当事者(の中の傍観者)に対して「正義の味方」を強要するわけ?

 

何がムカつくかというと、そのバカどもが当事者だったとしたら、ゼッタイに!!傍観者だったに違いないんだ。だってそのぐらいの民度だもん。安全圏からそういうことをほざいてる時点で。

 

言うだけ番長ってホントダメだよな。人間として。

言うだけ番長って生意気に代案は出すんだけど、笑っちゃうぐらい行動しない。

 

2014年10月14日 (火)

大崎駅員、なんだオマエ。

2014年のとある平日、大崎駅にsuicaで入った。ところが、すぐ用事を思い出して、別な改札から出ようとした。

なぜ別な改札かというと、そっち方面に歩いていたから、ただその流れで。

 

キンコーンって鳴ったので、あららと思って有人改札にいって出たい旨いったら、若いねーちゃんが

「こちらから出てもいいですが140円かかりますけど? それでもよろしいですか?」

 

って。。この口調がさあ。。

オマエ何様?って。

 

「よろしいですか」ってよろしいわけがねーだろうが!

新宿駅ならわかるよ。オレ、カネ払って新宿駅通過したことあるし、あれは便利。

つまり、新宿ぐらいの巨大ステーションなら140円だか払う価値があるわけよ。

それがなんだぁ? たかだか大崎駅のぶんざいで、100メートルだか通過して140円だか払う価値があるわけねーだろ!

 

学歴高いんだか知らねーけどさ。。「おそらく○○口から入られたと思うのですが、こちらの改札から出ますと申し訳ございません、140円かかってしまいますので、お戻りになられたほうがよろしいかと思います」っていえばいいんだよ!

なんで客に模範解答示されてんのかなあ。

 

 

 

 

 

 

2014年10月13日 (月)

かわいそうに

あのねえ家内をみてると、必ず、100%何かしらやり残して寝てるわけね。

 

あれってホント精神衛生上よくないと思うんだよね。

何かをやり残すのが当たり前になってる。

 

あれじゃあ、大変残念だけど幸せにはなれねえよなあ。かわいそうに。

そういう性癖なんだからオレにはどうすることもできない。個人の問題だから。

 

でもさあ、冷静にみてると、「あーあれもやらなきゃ、これもやらなきゃ、あー片付かない、キー!!」とかいってその日そのときのTodoを過剰に設定してるのがバカだよねえ。

「今日やること。」をびしっと決めてあとは一旦翌日まわしにすりゃいいのに。

 

「今日やること。」をやって床に入ればその日はアナタの「勝利」だよ。

人間は勝手に毎日勝利して毎日悦に入ることができる、アホなw動物なんだけどなあ。

 

 

あとさ、もっとバカなのは、「あー片付かない、キー!!」とかいいながらテレビみてんのよ。録画も相当ため込んじゃってるみたいだけど、どっかとソファーに座って録画を消化することのプライオリティが異常に高いんだよね。

 

あのバカさ加減ったらない。あれは現代の病だ。やらなきゃいけないことがあるとわかっているのにソファーにどっかと座って動かない。なぜテレビをみる?

 

そして録画が一気に減るわけでもない。たまってる録画を減らすつもりもない。

 

毎日毎日敗北してる。負け犬根性が蓄積される。かわいそうに。

 

 

2014年10月12日 (日)

男子の業は確実に増えている

言葉を選ばずにいえば子供を産み育てることは一種の業だわね。この現代社会では。

 

まっとうに生きようとしたらある程度避けられない、かもしれない。

このへんの言葉の選び方は慎重にしておこう。

 

でね、男子に限っていえば、ある程度子煩悩になることは現代社会では避けられない。

昔みたいに妻子をほっぽらかしておくわけにはいかない。

 

という意味では男子の業が増えてんだぞ? 女子の育児家事は、「労働」という意味では楽になってきているにもかかわらず。

 

こういう「正しいこと」を述べるとすぐヒステリックな反応示すヤツが多すぎて、この国では議論にならない。

 

でもウチのダンナは何もしてくれない!ってしらねーよアンタんちなんて。

全体的な趨勢のことをいってるだけだっての。

 

主婦労働が楽になってきてることを誰も前提としない。女子は、隠している。隠してるのが議論としては汚いのよ。

 

だから、もっとヒステリックじゃない議論をしたいわけよね。

大変なのは女性だけじゃねえんだぞ? 最近の若いパパさんがどんだけ昔とくらべて大変になってるか、わかってんのか? って、絶対にわかろうとしないんだろうけどな。。どんな見解に対しても脊髄反射で「アタシだって!」で返されるからなあ。

 

 

そもそもなぜ結婚しようと思ったのか?その相手と?ってところからだよな。

結婚を決めた時点で子供の一人ぐらいは産むと思っただろうに? そこである程度の「覚悟」をしていないのがこの現代社会では致命的なような気がするんだわなオレは。

 

覚悟って個々がするんじゃねえんだよ。夫婦でするの! なんとなく結婚してうまくいく時代じゃねえんだっての。あ、あと、「周りがしてるからなんとなく」もサイアクにちかいわな。

2014年10月11日 (土)

なんていうのかな、この高度資本主義社会で、都会で子育てに疲れたからって田舎に逃げてもしゃーないよ。

ガキに野良仕事させんのか? つーか、ガキが手伝うのかよ?

 

自然あふれる田舎に引っ越したところでバッチリモバイル環境は構築するんだろうが。子供もDSとかWiiとかゲーム環境は都会と同じ。

 

何が違うのよ? 何も捨ててないんじゃないの? 覚悟がねーんじゃねーの?

 

 

あ、それでね、ガキには潤沢にモノを与えない前提で田舎に引っ越すつもりなんだろうけど。。

あのさ、都会にはモノが潤沢にあふれ、一見田舎にはモノはないようにみえるが。。

 

楽天とamazonはどこからでもアクセスできるじゃねーか! ネットからは離れられないんだろネット依存症が。

 

前にも書いたけど田舎の家内の実家は、もうモノばっかでパンクしそうだったぞ?

田舎ほど都会への憧れの裏返しから結局物欲の権化になる。

田舎だからしょうがないと言い訳して、中流家庭にもかかわらず一家で車三台持ち。

テレビも複数台はあたりまえ。

これって幸せなの?

 

 

あーこういう話(トクイの)を書きたいんじゃなかった。

あのね、このご時世でつつましく生きていこうとしたってテレビの呪縛から逃れられないうちは、現代人(そして凡人)はストレスためるだけなんだから。

 

わっかんないかなー

 

つまり子供には「ふつーに」ものを買い与えなさいということ。

 

オレだって田舎育ちだけど誕生日とクリスマスには「モノ」をもらってたよ。

中学。。2年か3年ぐらいからはお年玉で何を買うかって11月ぐらいから計画立ててたぜ。

 

ガキにとって「モノ」は必要なんだよ。

 

オレはね、自分がそうだっただけなんだけど、「中流の下」ぐらいのモノの充足度がいちばんだと思うよ。

 

カネ持ちは潤沢すぎるぐらいガキにいろいろ与えるけど、それはやりすぎ。

さっき書いたけど誕生日、クリスマス、お年玉とかそういう「節目」にモノを増やして、物欲を満たしていくのは、必須なんだよ現代っ子の。

 

確かにね、現代っ子の「中流の下」ぐらいの生活でのモノの充足度は、40年前ぐらいの大金持ちのそれを遙かに凌駕してるんだろうが。。時代にあわせてってこと。

 

この「時代にあわせて」っていう柔軟性をわかってないヤツが多い。特に年寄り。

2014年10月10日 (金)

愚民ではマスコミに勝てぬ(2)

愚民ではマスコミに勝てぬ(2)

誰かがどっかで書いてたけど、原発の例の問題でね、政府やマスコミや官僚やいわゆる「そのへん」の人たちは国民の安全よりも既得権益を優先する、って書いてるけど、そんなの当たり前じゃんって。

別にオレはあきらめてるわけじゃないけど。
憤ってるけど。


その憤ってる矛先は、ふたつあって、「そのへん」がオレらを「愚民」だとナメきっている点がひとつ。

もうひとつは、1点目よりもっと怒ってるけど、オレらが愚民に甘んじている点。

なんで学歴が上がってんのにますます「そのへん」に飼い慣らされて進んで愚民になろうとするのか。。ホント、わからん。


「そのへん」のヤツらは、そういう人間なんだよ。愚民を愚弄し、愚民にはわかるまいと勝手に話をすすめる。という意味では愚民以下だ。愚民以下のヤツらが日本を動かしている。


さて。。そういう状況下において、実は愚民は、「そのへん」に対してすんげえうらやましいと思ってんだよね。実は。いつでもあっち側に寝返って自分の既得権益を守りたいと思っている。「権力」を得て、ね。
よだれたらして、そう考えている時点で愚民そのもの。抜け出せないんだよ。

愚民が愚民を選び、選ばれた愚民は愚民以下になってゆく。愚民はいつでも選ばれたいと思っている。愚民なのに。

愚民を脱するにはまずテレビをみないこと。
そして、清い生き方をすること。権力に対してうらやましいと思わないこと。いや、思ってもいいんだけどおくびにも出さないこと。

それだけでいいんだよ。清い生き方ができる庶民が増えればそれだけで世の中に対するカウンターになる。

朝から晩まで自分の義務を放棄してどてーっとソファーに寝転んでテレビみて、テレビに対して文句いってるだけじゃ、愚民以下が牛耳ってる政治へのカウンターにはなりえないだろ。家でテレビに文句いってるだけのヤツは、愚民以下をも超越した超・愚民だろ。

2014年10月 9日 (木)

バブルの頃

バブルの頃

バブルの頃って、都心のドムスとかガーデンヒルズとかが10億円だっけ? いや、もっとしてたような気も。

そんな、気の狂った時代、ヤクザと地上げ屋が横行していた時代を、称賛するバカどもがいる。
そういうバカどもも気が狂っている。経済政策の目的が、なぜ「バブルよもう一度」なのか?
バカじゃねーのとしかいいようがない。

日本は、日本人は、なーんも成長しとらんのか?

なんかさー、そういう煽るバカどもと、「戦争? いっかいやったろーじゃんか!」と、安全圏から無責任にのたまうネトウヨがカブる。というか同類項か?

2014年10月 8日 (水)

再訪するしないの基準 その2

再訪するしないの基準 その2
「ありがとうございました」とだけいっときゃいいんだろ、と考えてるサービス業のヤツが多すぎて。。アイツらそのくせ、なんで売上あがんねえんだろう、なんてホンキで悩んでやがる。バカなの?

「ぜひまた、おこしくださいませ!」だろ!! それをくっつけるのも当たり前だろって。
あ、いや。。迷惑行為をする客に対して言う必要はないかもしれんが。。(でも、もう一段階レベルを上げるためには、クレーマーにも「またおこしくださいませ!」と言わにゃならんのだけど)

ここで、「元ヤン論」を援用すれば。。
飲食業界ってとにかく「自称元ヤン」が多くて。いや、多すぎて。
客が帰るときに「ありがとうございました」といってる自分に酔ってるわけよ。あーオレも更生したなあ、みたいな。オレも客にアタマ下げれるようになったぜ、ムカシは世の中に対して突っ張っていたが! なんて一人悦に入るバカが多すぎ。

オマエ、店やってみろよ! たとえば、だけど、ラーメン屋やって、半分以上残した客を追っかけてさ、「精進しますんで、ぜひまた来て下さい!」ってその客にすがるぐらいやってみろってんだよ。
とある粗相を客にしちゃったとき、「大変申し訳ございません」だけじゃなくて「またきてください!改善しますので!」と言ってみろって、心から。そういうときはお勘定タダにするだけじゃなくて、次回も、一杯無料にしてやるぐらいじゃないとダメだろ。

めったにないけど、数年に一度しか遭遇しないけど、オレはそういう店には再訪してみるよ。それが「マナー」だと思うもん。粗相されてもね。
とはいえ、「それなりにおいしい」ってのは大前提としてあるけどね。。うまいマズいってのはホント、大事だもんな。

「ふ つうにおいしい」という評価は「マズい、死ね」っていわれてるようなもんだから、致命的だから、それよりちょっと上の水準をキープするのはMUSTなんだ よね。でも、それだけで飲食業界の上位10%には入るから。あとの90%はクズ、とまではいわないけどな。自分に落ち度があるのに「なんで客はウチにきや がらねえんだろう?」なんて上から考えてるようなヤツらばっかだから。

味に命かけてます。いっぱいの丼に命かけてます、みたいなこと言い出すバカいるでしょ?それは、サービスやらなくていいだろ? っていう言い訳にすぎないわけで。

しかめっつらして「いっぱいの丼」出されたところでリピートするかヴォケ。これも「悦に入る」パターン。。

いやね、こういうケースでは、店主が自分の「短所」を把握して、愛想の良いおかみさんを雇うんだったら、許さるんだよ。サービスは完全に委任するならば。だったら自分は絶対客の前に出てくんなよっていう。

2014年10月 7日 (火)

【弩】おりないオバチャン、おりないオッサン

電車で、ヤツら(オバチャン、オッサン)の生態系みてるとさ。

 

たとえばオレなんかは駅でドアが開いたときにドア付近にいたら、まず降りるよな。

 

ところが上の世代のオッチャンオバチャン(特にオバチャン!)は、まずはとどまる!

おりずに済めばもうけもん~ってことね。

 

で、人がわらわらとドア付近にきて「圧」がかかってきたら「しょうがないなあ」な風で、やっと降りる。

あえて一瞥をくれて。

 

ふざけんな!

年下のオレが「親の顔がみたいわ!」と思ってしまう。

 

 

2014年10月 6日 (月)

オレの親への仕送り総額は学生の頃もらってた仕送り総額なんてとっくに超えてる。

学生の頃潤沢ではなかったにせよ仕送りをもらっていました。

 

ピンチのときはさらに5万ぐらい余計にお願いしたときもある。たぶん2回ぐらいだったと思いますが。

 

でも学費は、奨学金をもらっていたのでそれを充当した。育英会は卒業してから少しずつ少しずつ払い、返済した。

 

でね、親が歳をとり、今はオレが親に仕送りしてるけど、オレが学生時代に受け取った総額なんてとっくに超えてるっての!

 

学生時代なんてたかだか4年かそこらですけど、仕送りは親が死ぬまで!!(いったい何年続くの?)

 

 

おおよそ、親にもらったカネ分仕送りしたかな、と思えたとき、真に自由になれたような気がしたんですよ。

 

いわゆる「融通無碍」の境地ってやつ。

 

若い時分は、盗んだバイクで走り出したところで結局親の庇護のもと生きてやがるんだから、自由になんかなれるわきゃない。

仮に自由になれた気がしたところで15歳の夜に感じれる自由なんてホント、ちゃっちい。ゴミみたいなもん。

 

若者よ、そんなに自由になりたかったらオトナになって親に仕送りしてみなさいよ。

 

オレは、子供複数人抱えた後に親が収入的にピンチになり、仕送りを始めたわけですが、当然オレもピンチになるんだって!だって子育て中ですよ?

奥さんと子供に迷惑かけてまで親に仕送りせざるを得なくなったんですよ。ここまでやれますか?

 

もちろん、今でも続けてるし。仕送り初めて数年後にはまた子供が増えたし!

 

 

たいていのヤツはここまではできんだろ。そんな甲斐性はねえだろが。だからオレは他人に物申す権利がある。

2014年10月 5日 (日)

電車の中の自意識過剰女子

ハンパに育ちのよかった女性がたぶん、今ダメなんだよな。潔癖症で、結婚相手の望みが高くて。

 

いやそんな話じゃなくて電車の中の話。電車の中でやけに不機嫌そうで、混んでいる電車で男性がくっついてくるとまるで痴漢であるかのようににらみつけるようなバカね。

99.9%の男性は好き好んでアンタにくっついてんじゃねえんだよ!自意識過剰が。

 

あと、女性なのに女性の敵、みたいな。ベビーカー押して若い女性が入ってくるとにらみつけるヤツいるよな。いかにもビジネスウーマン気取りな感じのヤツ。

人としてのキャパがすくねえんだよな。

 

2014年10月 4日 (土)

草の根のスポーツ指導者のレベルの低さ

それほど多くはないけれど、ずっとスポーツ指導者と呼ばれる人種をみてきてね、まったく!人間的にリスペクトできない人が多かった。全員とはいわないが。

これってヤバいんじゃないの。

指導者ってね、オレがみてるわけだから、トップレベルの指導者じゃないよ。草の根のね。

トップレベルの指導者はたぶん、人間的に素晴らしいんだろう(笑)。

 

まずその話する前に、その指導者の技術面ね。そもそもそのスポーツの経験がない、とか。。オトナになってから始めた、とか。

そんなレベルで教えてんだもんなあ。

 

いや、でもそれは大した話じゃないのよ。問題は人間性。いつも、なんかかったりーなーみたいな感じで練習場にあらわれて、いつもイライラしてる感じで、そして、すぐ怒鳴る!

へたすると殴る!なんてのは最近なくなったけど。。ま、言葉の暴力はいたるところにあるわな。

 

どうみても自分のストレス発散に利用してるのよ。少年(少女)スポーツをな。自分のうさばらしなんだよ。だって、相手は言うこと聞くもんな必ず。

なんであんなヤツらに親は、かわいい子供を預けるのか、まったくわからん。ゆがむぜ?人間性が。

 

 

あのね、スポーツの本当の底辺ってそんなもんなんだよ。あれなら指導者不在のほうがいいぜ?

 

親はね、だから、ちょっとカネも時間もかけて、良い指導者探したほうがいいよ。近いからって町の教室に安易にいれちゃダメだぜ。とりあえず数週間は親が様子を見学しないと。

 

そう、スポーツもそうなんだけどとにかく習い事っていうのは、カネ!

 

その子が上達するかどうかはただ単にかけたカネに比例する。

 

2014年10月 3日 (金)

なんでオレが世界中の不幸抱え込まにゃあかんの。

なんで、オレたち庶民が、世界中の不幸を気に病まなきゃならんの? っていうのは、ず~~っと思ってることで。似たようなことを何度か書いていると思うけど。

 

メディアが発達しようがしまいが、関係ないと思うんだよね。

 

ボランティアで世界に出ていくヤツがなぜノーチェックで賞賛され、町工場で地元にへばりついて働いて夜は地元のスナックでくだまいてるヤツが賞賛(とまではいわんが、感謝)されないのか。

 

地元っつーか日本に税金を納めることを放棄した(あるいは放棄したくてしょうがない)ヤツが脚光を浴びるのか。

 

 

オレという人間の「重さ」なんだよ。それは相対的なものであってね。

 

オレは家族にとってはかなり重要な存在。親類にとってもそう。ご近所にとっても、けっこうそう(なはず)。

だが、オレが「世界」(っていうよくわからない単位)に飛び出ていったらオレの存在はただのケシ粒になる。

 

なんかさー、一人一人の存在はちっぽけでもそれが集まるとすごいパワーになる、とかいうけどさ、ホントかよ。愚民が何千万人集まったところで、ゼロはゼロだって。

 

それにしてもなんで、いわゆる「地元」で満足感を得ることができんのかね。

なんで「力になりたい」とかさ、かなり「遠いところ」に対して思ってしまうのかね。

 

そんなことより近所の草むしりでもしやがれ!家の掃除しろ!!

なんでそれでは、ダメなのだ?

 

という意味ではテレビとかネットとかってかなり「罪」の部分はあると思うんだよなあ。

庶民を愚民にしてしまうという意味でな。

2014年10月 2日 (木)

洗脳されているのをみるのはつらい。

家内をみててあやういなあって思うのはね、まず、テレビ大好きなんだけど、テレビはフィクションであるって自分は知ってるって思ってるところね。

 

その自信が、あぶなすぎるんだよ。そのクセ、ホンキでみてるし結局ホンキで信じてる。テレビのすべてはフィクションであるといっても過言ではないのに、ノンフィクションへみせかける手法にまんまと騙され、ダマされていることに気づかない。

 

これは、まさに、「洗脳」なんだって!自分が洗脳されていることに気づかないのがいちばんヤバい。

 

もちろん、自分が洗脳されてるなんて認めたくないしそもそも自分はテレビはノンフィクションであるとわかっていながら見ているという自信をもってるので、オレの聞く耳なんてもたない。

 

オレが、話半分以上に聞いとけよ、っていっても、もちろんそうしてるよっていう回答しか返ってこない。ホンキで信じてるのに!

 

日本国民の多くはね、もうすでにこういう状態なんだよ。オレは「洗脳完了した状態」って書いてんだけどね。もはや何をしてもムダなんだよ。

 

バーカ!!!!!ザマミロ!!!!!!!!

 

2014年10月 1日 (水)

姓名判断の愚はメディア・リテラシーの話だよな

姓名判断の愚はメディア・リテラシーの話だよな
あれはホントに、バカらしい。
正論で反論することに労力が割かれるのはなぜ? なぜ、姓名判断の愚をいいオトナに説明してあげなきゃならんの。ちっと考えりゃわかるだろ?

自分の子供は自分の字を人生において何千回も書くのかもしれないがそんなことより何千回何万回と呼ばれるんだ。だったら漢字よりも呼ぶときの語感で考えるべきだろうよ。

そんなの当たり前だろ?

愚民はもう面倒くさいんだよな、そういうのに反論するのが。まわりもやってるから、先輩もやってるから、とそれをやる。
周りが戦争に賛成してるから、そういう空気だから、と自分も賛成にまわるよな、そういうヤツらは。

でも内心ちっとはバカらしいと思ってんでしょ? アンタがた。

俺は(子供の名前決め)まず語感で候補を絞って次に漢字を考えていった。漢字は好きな漢字をあてはめていっただけだ。なんで画数にこだわらにゃならんのだ。この国で正しい画数で漢字書くヤツなんて何割いるんだよ。

でも、「呼びかけ訓練」は何百回となくやった。子供が無事生まれて実物をみて、呼びかけして、あとはフィーリングで決めた。
この決め方は絶対正しい。

フィーリングで何が悪いんじゃヴォケが。

« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »

ツイート

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ